新着Pick
97Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ウィンウィン」かどうかが議論されているが、そこが問題なのではない、という趣旨です。

米国に安保を依存していること、トランプ大統領の特殊性を考えれば、譲歩はやむを得ない。
ただしその際、日本が守るべき一線は何かを明確にしなければ、譲歩は際限なくなる。
日本は寄って立つものはルール以外にはない。

ごまかす姿勢はそれを揺るがしかねないとの警鐘です。
農業関税を守る傍ら工業品関税を殆ど撤廃済みの日本と、日本にとって重要な自動車を含む工業品を未だに関税でしっかり守る米国との“戦い”です。経済成長への貢献という点で工業品の重要性が相対的に高いのは明らかですから、それを譲り切っている日本が米国相手に有利な戦いを進められるはずがありません。“環太平洋に米国主導で(中国抜きの)壮大な自由貿易圏を作る”という理念を前面に押して曲がりなりにも自動車を含む工業品関税の撤廃を勝ち取ることが出来たTPPは、理念の力を借りて得た稀有なウィン-ウィンの関係だったはず。米国にとってウィンの要素は米国主導で中国が外れた経済圏で、関税に関する限り、日本がウィンで米国がルーズであったように思います。
ところが今回は、俺こそが世界のルールだという米国相手に理念も何もない2国間の力の勝負。農畜産物以外譲れる関税を持たず国防も米国頼みの日本が自動車関税という強力な武器を持つ米国に残念ながら勝てる筈がありません。諦観ムードに陥ってはいけないと自省はするけれど、TPPのウィンウィンがルーズウィンに変わるのは仕方がない。ひとまずこの程度に止めたのをウィンと前向きに受け止めて、将来に向けて頑張るしかないんじゃないのかな。日本を成長させるために守るべきものは本当に農畜産物なのか。この際しっかり考えて次の交渉に臨む必要があるんじゃないような気がします (^^;
細川さんのコメントと合わせて読んで、正しく理解できました。NPのコメント欄、ありがたしw
これをすんなり通すことを許した野党も野党。
この連載について
政治や国際情勢、金融といった専門性の高い分野は、どうにもとっつきにくいものだ。しかしこうした難解な分野を理解することは、きっとビジネスに有利に働くだろう。有識者の解説で、年末年始に教養を深めよう。