新着Pick
271Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ANAも年間300万円でANA国内線「プレミアムクラス」を300回まで利用できる権利を売り出し、完売御礼だったのにすぐにやめてしまったところをみると、全く儲からないのでしょうね。

ANAプレミアムクラス専用パスポート
「プレミアムパス300」を発売
https://www.ana.co.jp/pr/10_0709/10-096.html
後になって「失敗談」を持ち出すのは簡単です。

ただ、失敗経験は多くの企業や人々にとって「反面教師」として有益であることが多いです。

しかし、この記事の筆者は愚劣です。

ファイナンス理論では、買収をするか否か、「生涯ファーストクラス」を導入するか否かなどは、市場金利で計算します。

市場金利が想定外に低くなれば、「生涯ファーストクラス」が損失になるのは導入当初ではわからないことです。

買収も当時の市場金利によって買い取り価格が全く異なってきます。

毎年の収益÷市場金利が買収額ですから。

金利の変動は予想ができません。
予想ができないことで失敗と断言するのは不遜であり、経営陣に対する侮辱です。

知識を持たない外野がヤジを飛ばしているだけのつまらない記事です。
「生涯」個人の度を越した利用以外に政治的、経済的、社会的な変化等の可能性を全く考慮しないことの怖さ。
ANAも同じように大失敗してましたね。歴史に学ばなかったのかな
国内でもサブスク増えますが、本来LTVを底上げしてくれるロイヤルカスタマーへのただの値引きになっていることもあり、どこのバランスが最も収益が高まるかの視点を大切にしたいと常に思うところです。
先見性のない効果の先取りの問題です。

通常は企業において、費用対効果を考えると思います。
費用対効果を考える際は、その事業やサービスが提供される現実的な期間を考え、
費用対効果を構成するパラメータを中立的な尺度で設定した上で、
保守的なケースや積極的なケースなど複数のシナリオを立てて試算します。

アメリカン航空は目先の現金にこだわり十分に試算しなかったのかもしれません。
ファーストクラスの利用のパラメータを独りよがりな設定にしたのでしょう。

アメリカでは特に自分の任期だけに効果が出るような取組をすることがあります。この典型例でしょう。
その一方、日本の半導体の会社やフランスの生命保険会社などでは、長期政権を築き、長期視点でビジネスを成功させているケースもあります。

短期政権が悪いとも、長期政権が良いとも一概には言えませんが、少なくとも費用対効果や投資対効果は中長期視点で保守的に見るべきと思います。
面白いですね。私が心配するのは飛行機に乗り続けることによる放射線の健康問題。
Monday Morning Quarterback
航空史に残る大失敗って、737MAXをローンチした事じゃないの?
これぞ正真正銘の「フリーライダー」!
制度設計甘すぎたのね😅
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
18.3 兆円

業績