新着Pick
200Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Amazonも今年の9月からら従業員向けにオンライン診療サービスのパイロット事業である「Amazon Care」をスタートさせています。
オンライン薬局のPillPack、Health Navigatorを買収しており、ヘルスケア領域参入への準備を着々と進めています。
しかしながら、過去Google Healthも苦戦したように、ヘルスケア領域では様々な利権が絡むため、まずは従業員向けから慎重にスタートしている印象です。

今回のAppleの取り組みも、いずれ拡大することを視野にいれながら、まずは従業員向けのパイロットプログラムから慎重にスタートする感じでしょうか。
従業員の個人情報に直接アクセスはしなくても、個人を特定不可能な形式のデータにして、規模の大きなサービスに活用していくのかな。

Appleを疑う見方になってしまいますが、Siriの音声データを外部請負業者が聞き取り、詳細を内部告発されている。規約上は問題無いものの、ユーザーに明確な説明は無く、結果的にプロセスを見直し、ユーザーに謝罪した。
管理を任されているAppleの子会社は信用出来るのか、従業員向けの規約に違反しない範囲で何が出来るのか気になります。

『アップルはプライバシー上の懸念に応えてSiriの応答評価を停止中 – TechCrunch Japan -』
https://jp.techcrunch.com/2019/08/03/2019-08-01-apple-suspends-siri-response-grading-in-response-to-privacy-concerns/
へ〜っ、スゴい!他のシリコンバレーの企業も続きそう。Appleのヘルスケアに掛ける情熱はかなりのものだ >アップルが従業員に遺伝子検査サービス無料提供。「治療」から「予防」へ
これはすごいね。ここまでやり切ろうとする会社は見たことない。

日本では、毎日の尿から健康管理できるサイマックスがあり、
一年に一度より、毎日やる方が違いが分かり易いと思う。

アップルは遺伝子検査をどのくらいの頻度でやるのかな。
Appleが一番ヘルスケアデータを持っているので、今後医療への展開が見込まれると思います。日本は医療の中心が治療なので、予防が普及すると一気に社会保険料が下げられる可能性が高いと感じています。
遺伝子検査、私もやってみました。
遺伝子を逆に蓄積してリスクを洗い出す感じなのかな、
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
154 兆円

業績