新着Pick
49Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【12/16 PETボトルだけでなくプラスチック製容器包装と、リサイクル技術に関する記述を追記】
少なくとも日本では、容器包装リサイクル制度のルートの場合、PETボトルは材料リサイクルとケミカルリサイクル(ボトル to ボトル)に手法が限定されます。
また、プラスチック製容器包装は、材料リサイクルとケミカルリサイクル(高炉還元剤化、コークス炉化学原料化、ガス化)の割合が半々ぐらいで、どちらかというと材料リサイクルが多いです。

容器包装リサイクル制度のルートでない場合も、埋立に行くプラスチック・PETボトルは例外的な扱いとなります。

>使用済みのプラスチック製品をリサイクル用のごみ箱に入れることは、何年も前から世界各地の住民に義務づけられている。問題は、その有害な材料の多くが、結局は埋立地に行きつき、そこで地下水を汚染していることだ。

また、「もっとも有望なのが酵素を使ったリサイクル技術」という記述がありますが、リサイクル技術のイノベーションが起こることは望ましいものの、エネルギー消費・コスト・他の循環システムへの影響等も考慮していく必要があり、総合的な判断が求められますので、更なる情報に期待します。
プラスチックのリサイクリング技術を開発した企業は大金持ちになってもいいと思う。

人的汚染から生物を救った代償は大きくてもいい。