新着Pick
192Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もしこの記事の内容が本当だったとする場合、アマゾン側の物流センターにある期間に期限が切れたのか、それともメーカー側からきた時点で期限切れだったのか、でだいぶ状況が異なります。後者の場合「アマゾン側で出荷時に1商品ずつ賞味期限をチェックしろ」というのは重すぎる要求な気がします。
物品販売総額の58%が出店業者の流通の同社。モラルなく売ってしまう事が本来駄目なのですが、プラットフォーム側として万が一が起きない為に、食品系企業への衛生管理は厳しくなりますね。
日本では、食料品に関してはかなり詳細に賞味期限に関する管理基準を示していて、私が今まで買った商品では問題はありませんでした。
ただ、どこまで本当か分かりませんが、賞味期限ギリギリだった…というコメントは読んだことあります。

アマゾンの物流センターからの商品か、出店者からの配送商品かによって直感的にハードルが違い、買う時は前者に関しては賞味期限が関係ない商品しか買わないようにしています。

出店者のモラルにある程度依存する問題だと思います。アマゾン側が、出店者にコスト的に無理難題を押し付ければ、こういうECサイトでは見えないところに皺寄せが行くということはあり得ますよね。
米国でも、amazonのレビューをみると、食品や飲料は「賞味期限ギリギリ」とか「賞味期限切れ」というクレームを多く見かけます。

amazon freshで買えば別ですが、通常のamazonのサイトで「食品や飲料」は買わないことにしています。

悪質な業者も少なくなく、安価で、または普通の価格で、上記のような期限切れのものを故意に販売している出展者もあるからです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
食品は本当に難易度高いなぁ。プラットフォーマー側での管理がますます重要に。
記事の信憑が定かではないですが、どこの原因があったのかをしっかりとみるべきですよね。
ECサイトをやっている以上、品質管理はかなり重要だとは思うのですが、賞味期限とかを全く管理していない体制なのかな?と少し疑問に思ったりします。
アマゾンのサイトに出てくる商品の殆どが、怪しいブランド品ばかりだからなー。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
108 兆円

業績