新着Pick
190Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もしこの記事の内容が本当だったとする場合、アマゾン側の物流センターにある期間に期限が切れたのか、それともメーカー側からきた時点で期限切れだったのか、でだいぶ状況が異なります。後者の場合「アマゾン側で出荷時に1商品ずつ賞味期限をチェックしろ」というのは重すぎる要求な気がします。
物品販売総額の58%が出店業者の流通の同社。モラルなく売ってしまう事が本来駄目なのですが、プラットフォーム側として万が一が起きない為に、食品系企業への衛生管理は厳しくなりますね。
どちらが本当なのか知る術がありませんが、
いずれにしても出店者にとっては喜ばしくない状況であることは間違いないでしょう。

消費者にとっても少なからず不安になってしまいます。
私も一度、一か月前に消費期限が切れている品物が届いて、クレームしたことがあります。すぐに対応してくれたけど、きっと多いんだろうなと思っていたら、案の定ですか、、、、。
急拡大で裏目、とは思えない。

ECを急拡大したいのは【Amazonが無くては生活出来ない】っていう消費者の拠り所を作りたいから。

品質の良いしっかりしたものをオンラインで顧客に届ける、という当たり前のECの基本スタンスなどは
拠り所作りに比べれば、重要ではないのだろう。

だから。

出店業者管理や食品の品質基準管理など、単なる仕組みの無さや管理不足でこういうことが起きるのでは?
日本では、食料品に関してはかなり詳細に賞味期限に関する管理基準を示していて、私が今まで買った商品では問題はありませんでした。
ただ、どこまで本当か分かりませんが、賞味期限ギリギリだった…というコメントは読んだことあります。

アマゾンの物流センターからの商品か、出店者からの配送商品かによって直感的にハードルが違い、買う時は前者に関しては賞味期限が関係ない商品しか買わないようにしています。

出店者のモラルにある程度依存する問題だと思います。アマゾン側が、出店者にコスト的に無理難題を押し付ければ、こういうECサイトでは見えないところに皺寄せが行くということはあり得ますよね。
マーケットプレイスですから、メーカーからアマゾン物流センターに
おく間の期限管理をどうするか、ということですね。
ピッキングのルールなどもふくめてきちんと設計かもしれませんが、
Walmart-IBMのFood Trustのような
Blockchainを活用した期限ほかの管理
も末端のオペレーションを工夫すれば、返品リスクをかんがえれば
コストを圧迫することなく、安全安心スピードを提供できることに
なるのでは。
記事の信憑が定かではないですが、どこの原因があったのかをしっかりとみるべきですよね。
ECサイトをやっている以上、品質管理はかなり重要だとは思うのですが、賞味期限とかを全く管理していない体制なのかな?と少し疑問に思ったりします。
食品は本当に難易度高いなぁ。プラットフォーマー側での管理がますます重要に。
米国でも、amazonのレビューをみると、食品や飲料は「賞味期限ギリギリ」とか「賞味期限切れ」というクレームを多く見かけます。

amazon freshで買えば別ですが、通常のamazonのサイトで「食品や飲料」は買わないことにしています。

悪質な業者も少なくなく、安価で、または普通の価格で、上記のような期限切れのものを故意に販売している出展者もあるからです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
185 兆円

業績