新着Pick

「愛車の一時交換サービス」は日本で普及するか

東洋経済オンライン
自分が所有する車を貸し出した日数分だけ、他人の車を無料で借りられるというこれまでにないカーシェアリング事業が日本で始まった。運営するのは広告代理店最大手、電通の社内ベンチャーから生まれた「CAROSET(…
181Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「マイカー」を持つ、とはどう言うことかを突き詰めるとクルマを自分色に染めたいからと古い考えを持ち出したくなります。リゾートマンションのタイムシェアのようにしっかりした管理者がいてそれが機能するのでなければ、自分車を貸して他人のクルマに乗る権利を対価としてもらうと言うのは、なかなか定着しないのではないかと思います。

ディーラーの試乗車を借りるハードルが下がる点は評価出来なくもありませんが、いずれにしてもわざわざ高い購入コストと維持コストを支払ってマイカーを持っている人にとってどこまで魅力ある仕組みなのか判断はできません。
私は身内や知り合い以外にクルマは貸しません。だってクルマは「相棒」であり「愛車」ですから。
新しいサービスを立ち上げる時「これは厳しそう」と言う人が大半なら競合はほとんど存在しないし、絶賛が多ければニーズを捉えているのだと思います。

何よりもこのサービスはプロダクトアウトではなく、社長自身のニーズから始まっているので情熱もあると思います。このコメント欄で何を言われてもトップがどれだけ情熱をかけ続けられるかが大事だと思います。
日本人はマイカーにとても愛着を持つ人が多いので、自分の車を見ず知らずの他人に貸すことに抵抗を覚えるのではないでしょうか?

せいぜい60キロくらいしか出せない都内の道路で、フェラーリやポルシェが走っているのを見るたびに、「趣味で車好きの人か、大金持ちか、どっちかかな?」と思っています。

ノロノロ走らされたのでは、フェラーリが可哀想(笑)
個人的には、人に車を貸したくないですし、人の車も借りたくないです。
更に言えば、中古車は嫌で新車しか乗りたくありません。

潔癖とは思いますが日本には一定数、同じように思われる方はいるのではないでしょうか。

日本人は自家用車を綺麗に扱うことが多いです。欧米ではボロボロの車や汚れた車が多いですが、日本ではあまり見ません。
それは、自家用車を個人の空間と認識しているからだと思います。
普及しないのでは?

このカローゼットのポイントは以下
・クルマ所有者対象としている為、事故発生時に借り手の他車運転特約で補償できる(運転していない貸し手の保険は無傷)
・あくまでマッチングサービスにとどめている


CtoC、個人間の取引の場合はどうやってもトラブル回避が困難。

今回、他車運転特約付きの自動車保険加入者に限っている様だが、コレは事故発生時相手側への支払いのみ補償されるもの。
自身が運転したクルマのキズや破損は補償されない。

つまり、借りたクルマそのものの修理については両者協議するしかない。結果として貸し手の車両保険で対応する可能性が高い。
その際にキズや使い方含めたトラブル(言い掛かり)は貸し手も借り手もかなりのリスクがある。

また、返却されない、つまり盗難された場合も、貸し手の車両保険で対応するしかない。

という事で、CtoCは殆ど伸びないのでは?
トラブル場合時にカローゼット側も仲裁に入ったりしたら、割りに合わないだろう。

『カローゼットでは、会員の安心・安全に重きを置き、会員資格を厳格化している。車の所有者であることはもちろんのこと、借りた車で事故を起こしたときも補償される「他社運転特約」付き自動車保険の加入者に限っている。』

BtoCでは意味合いがかなり異なる。
元々貸し手である自動車ディーラーは自身のカンバンがあるので無茶はできない。そこはOK。
とは言え結果的に格安の短期レンタカー契約とさほど変わらなくなる。

現在の法規上、企業がカーシェアビジネスをする場合は、レンタカー事業者として登録が必要。車両の管理も厳密にしなければならない。

しかし、マッチングサービスには特に規制はない。コレはあくまで個人間のシェアリングを対象としてるから。

つまりBtoC対象のマッチングサービスはチョイとグレー。
レンタカー事業に関する規制から逃れて、格安レンタカービジネスをする為のサービスに感じる。

という事で、大々的にやりづらい。
日本人は機能だけにお金を出す習慣があまりないように思えるけど、愛車の一次交換は、どうなのかな?
ニーズはあると思う。
多数派ではないにしても、一定のニーズはあるのかも知れません。
「所有する」ことの目的が、大きく変化していますね。

かつてマイカーを持つことは、クルマを家族として迎えるに等しかった訳ですが、みなさんがなぜ所有することから離れていくのか、そこの深掘りが必要なのでしょうけれども、肌感からすれば、「洗車やメンテが面倒」「駐車料・保険料が高い」と言った、面倒ごとが多いことに起因しているようにも感じます。

人によって、面倒ごとなのか、それが楽しみなのか、解釈の幅がありますから、その解釈の幅にこそ、新しいビジネスのタネが眠っているのかも知れませんね。
CtoCのレンタルで対面でやり取りって上手く行く気が全くしないですね。借りる時と返す時、貸す時と返してもらう時、お互いに日程調整して会うコストってかなり大きいので。それなら最初から普通に営業しているレンタカー屋で借りた方が楽だよね、ってなるかと思います。
株式会社電通(でんつう、英語: DENTSU INC.)は、日本最大手、世界規模では5位の広告代理店である。 ウィキペディア
時価総額
1.03 兆円

業績