新着Pick
11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
既に2017年に拙著「超ソロ社会」の中で書いた、高齢単身世帯のパートナーとしてAIサービスが本格化しています。現状は、利用者の死を検知するというレベルにとどまりますが、より精度を高めれば「一人で生きるためのパートナー」としての役割をAIが果たしていくでしょう。
ゆくゆくは、個人が自己のパーソナルAIを保持し、そのAIによって誰かとのつながりも生まれるようになると思います。マッチングが必要なのは、高齢となった元既婚者群の人たちなんです。
高齢者の独り暮らしだけでなく、働き盛り世代の単身赴任でもニーズがあるそうです。なにかあったとき、直ぐにアラートを出せばいろいろと間に合うことがあります。