新着Pick
138Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オフラインのインフラへのAI導入の一例が、信号の最適化。いつも‘’信号の変わるタイミングはもっと最適化できるなー‘’と思っていますが、日本でも導入されるのはいつくらいになるのでしょうか、楽しみです!
自動運転車が増えた時,CASEのC(Connection)において,V2P(Vehicle to Pedestrian,車歩行者間)が一番のネックです.問題は,車の意思を人間にどのように伝えるか,歩行者を車が認識していることをどのように伝えるか,です.視覚的に見せるのが一番かもしれません.車のボディに表示する,あるいは道路に表示する方法が提案されています.道路に表示する場合,車自身か街中の機器からプロジェクションマッピング的な手法で投影する方法も研究されています.
便利だなと思う反面、急に出たり消えたりすると、逆に認知負荷が高くなったりしないかが心配です。また、このデモビデオではうまく隠してあるけど晴天時の昼間だとこんなにはっきり照明が見えない問題も。さらにいうと、日本だと横断歩道の前に◇マークがあるはずで、そこから表示するのかなど、考えなくてはいけないことがいろいろ。

でも、安全のための取り組みにAIを使おうという試み自体は応援したいです。
これが、まさしく「よくある失敗する事例」だと思うので、解説します。

まず「課題は何か、そして、それはどうやれば解決するか」が一番大事です。

この記事のように「最初からAIありき(AIを使って何ができるか)」ではありません。

例えば、米国の信号制御ですが、各方向、各レーンのクルマの数(おおよその数は地面に埋め込まれたセンサで把握)して制御しています。

日本とは違い、青信号の時間も、信号が変わるパターンも、その時の状況で大きく変わります。でも、そこにはAIなどありません。

単なる、普通の古典的な制御です。例えば、多い台数のレーンは、それを全部行かせてしまうまで信号を青にするなど…

今は何でも「AIを使えば!」ということですが、そういった「自己都合」ではなく、「課題は何か?」という目的にフォーカスすべきです。

「AI」は手段であって、目的ではありません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
車を走らせたら事故るから信号の赤を長く、という発想してるとすれば、AIはどんな最適化をしてくれるのかな。 組織の意識改革とか能力向上とか、中間管理職の裁量や責任を変えるとか、そんなソリューションがAIから出て遂行してたら、AIの勝ち。たぶん。
AI+IoTに最も期待するのが交通システム管理、特に道路や信号。さらにこの道路をディスプレイ化するのは革新的。LED以外の仕組みもあると思う。日本のスマートシティでも実装したいなぁ。やってみようよ!
信号待ちが事故を引き起こす要因ともなり得るため、AIを使った交通制御を導入することは今後必要なことかも知れません。大きな道路から小さな道路まで待っているのが無駄だったり、面倒に感じることが無断横断を誘発している一因です。Al横断歩道を導入する際に信号の見せ方が大事になって来ます。今までとは違って頭の中で思っている通りには信号が変化しないため、予測不可能となればそれが却ってストレスとなるかも知れません。よく通る道は信号の変わり方を覚えているので、通るたびに変わることを世の中に広める必要があるでしょう。
確かに歩行者が車側の意図を読むのが課題というのは聞きました。運転者とのアイコンタクトが無いなかでどう伝えるのか、という。
信号のダイナミックなコントロールは比較的実現可能性高そうですが、横断歩道を自動で実現させるというのはハードルが高そう。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン