新着Pick
180Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「英語ができるからといって外資に行ってはいけない」
という教訓を、私の友人が語っていました。

TOEICで満点(もしくはそれに類する)高得点をたたき出していた知人ですが、外資系金融機関の水に合わなかったのか、精神的に厳しくなりました。

仕事の自信がなくなると得意のはずの英語力まで疑ってしまったそうです。

英語力より仕事の内容。
これをしっかり確認することが大切だと実感しました。
パフォーマンス次第です。

責任あるポジションに就くと、当然すぐに高いパフォーマンスの発揮を求められます。

そして、結果が出ないと簡単にリプレイス、つまり辞めさせられます。人を変えれば、良くなると考える短絡的なところがあるので。

結果的に、高いポジション、高い報酬で外資系企業に転職した人は、いきなり真剣勝負だと覚悟するべきですね。
外資2社の経験も若い頃でペーペーでした。
英語を心配されますけど、広義のコミュニケーションです。英語喋れてもコミュニケーション取れない人もいるので。
あとは多様性は実感しました。
Job description明確な中で働いた経験は、役割、権限など明文化されてて自分にとっては快適でした。異動(自分はプロジェクトへの異動と、そこが収束してjob pistingからの異動があった)があると上司も変わるので、評価とかゼロからやり直しみたいなところは日本と異なるところ。
記事の中の「アカウンタブルに働く力」って良い言葉だと思いました。「外資は結果主義」などと言われ、あまりプロセスが評価されないように思われがちですが、そもそも正しいプロセスが無ければ「結果」は出ないですし、短期的に結果が出ないようなタスクにおいても、到達すべきマイルストーンをクリアに設定して取り組んでいく。長期に渡り、安定的成長しているような外資系企業はだいたいそんな感じだと思います。

というような意味でいえば、本来は外資系企業も日本企業も結果・成果における責任感覚はさほど違わないはずなのですが、どこか違う。やっぱり「果たさなければ外される」という「切迫感」なんでしょうか。もっとも、これはこれで、ワタシは健全だと思うのですが。
大事なことは、言い訳せず、短期間(First 100 days)で成果を出すというスピード感ですね。
経営していて思うのが、
外資志向の人の方が無駄なく
最短で行こうとするのは良いと思います。

最早、日本の行間の詫びさびは通用しないですね。
話逸れますが、転職し、担当した業務のMTGを初めて仕切ったときのことを思い出しました…

あの、なんぼのもんじゃい、という視線と態度…
そして、その後に待っていた手のひら返し…

成果に結びつく行動をスピーディに積み上げていくことほど難しいことはないと思う今日この頃です。

#転職
#即戦力
#成果
実力と結果。
少なくとも窓際族はいないね。実力とコミュニケーション能力がカギかな。あと体力…
ケロッグ(英:Kellogg Company)は、アメリカ合衆国ミシガン州南部に位置するバトルクリークに本社を置くシリアル食品や菓子、加工食品の製造を行う企業。 ウィキペディア
時価総額
2.37 兆円

業績

グラクソ・スミスクライン(英語: GlaxoSmithKline plc)は、イギリス・ロンドンに本社を置く世界有数の規模を持つグローバル製薬企業。略称はGSK。ロンドン証券取引所、ニューヨーク証券取引所上場企業(ロンドン証券取引所: GSK ニューヨーク証券取引所: GSK)。 ウィキペディア

業績

日本コカ・コーラ株式会社(にほんコカコーラ)は、アメリカ合衆国に本拠を置くザ コカ・コーラ カンパニーの日本法人である。 ウィキペディア

業績