新着Pick
83Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「大統領権限の乱用」の根拠は、7月25日のゼレンスキー・ウクライナ大統領との通話記録の以下の文言です(ホワイトハウスが公開)。これを、下院の公開・非公開ヒアリングに出た証人が裏付けたとしています。
“There’s a lot of talk about Biden’s son, that Biden stopped the prosecution and a lot of people want to find out about that so whatever you can do with the Attorney General would be great. Biden went around bragging that he stopped the prosecution so if you can look into it... It sounds horrible to me”
“I would like you to do us a favor, though, Whatever you can do, it’s very important that you do it if that’s possible”

「議会の妨害」は、ホワイトハウスと大統領が、下院が要請した書面や閣僚の証言を阻止したことで、議会運営を妨害したとしています。ニクソンも(裁判所命令ののち)、クリントンも下院の弾劾調査には協力していました。

もちろん、上院での有罪罷免は、共和党が多数派なので無理です。ただ、不名誉な弾劾(一般人なら容疑)をかけられたということで、トランプ支持者の団結は逆に強まるのは確実です。
> 民主党としては、一連の手続きを通じてトランプ大統領の資質や適性に疑義を投げかけ、世論を喚起して来年秋の大統領選挙に向けた流れを引き寄せたいねらいです。

中道の候補者であるバイデン氏が脱落すると、極端な話、極左みたいな候補者が残り、昔からの生粋の民主党支持者が投票先を失いかねないので、まずは反トランプで民主党をまとめることができる候補者を擁立しないことには世論を味方には付けれないと思いますけどね。
上院で無罪になった時に、バイデンさんは、立候補を見送ったほうがいい。
その方が民主党が勝つ確率は高まる。
議会妨害は事実やっている。議会の召喚を受けたホワイトハウス関係者に証言させていないのだから。ウクライナについても軍事援助の話ばかり注目されるが、ホワイトハウスでの会談は証言に基けば明確にバイデンへの捜査と交換条件は明らか。ホワイトハウスでの会談の価値はそれだけで数億ドルの援助に等しいもの。ウクライナがいくら圧力はなかったと言っても、外交上そう言わざるを得ないでしょう。なので弾劾はある意味当然の帰結でしょう。

ただ上院での有罪はほぼ無理。共和党上院はホワイトハウスと協調して裁判を進めるらしい。被疑者と陪審員が裁判で協調するなど普通はあり得ないが、今の共和党ではそれが罷り通ってしまう。
ニクソン大統領の時は下院司法委員会可決後、本委員会採決前のこの段階で辞任。背景には「弾劾罷免やむなし」の世論がありましたが、今回は世論は大きく分かれています。
米中の貿易協議が第一段階の合意に達したと報じられましたが、続けて大きなニュース。
ウクライナ疑惑について、トランプ大統領を弾劾訴追する決議案が議会下院で可決されたとのこと。
「来週にも、民主党が多数派の下院の本会議で採決にかけられて可決されるとみられ、トランプ大統領は弾劾訴追される見通し」
トランプ大統領が追い込まれています。