新着Pick
115Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
景気を腰折れさせたくないトランプ大統領は、自ら言い出したこととはいえスマホ、ノートパソコンといった生活用品を多く含む制裁関税第4弾をクリスマス前の大事な時期に発動したくないでしょうから、これも自ら表明した農産物や液化天然ガスを2年以内に年400億ドルから500億ドル買うことに中国が合意するなら決着したいはず。
ただ、この金額は非現実的だとして先ずは「貿易戦争前の2017年に中国が購入した240億ドル規模」に戻すことで決着を図りたがっていた中国が本当に何処まで譲ったものか。「中国は2020年に500億ドルの米農産物を購入する」と“口頭で”約する可能性は相当程度あるように感じないでもないですが、中国は約束を守らないとの思いがあるはずの米国側の要求は、これを数値目標として合意文書に落とすことでした。
一方、非現実的な数字を合意文書に落として未達成になるとまたぞろ制裁措置が発動されることから、中国側は文書化だけは何としても避けたいはず。このあたりがどう決着するかで、選挙を控えた米国と、貿易摩擦が国内経済に影を落とす中国の、相互のバーゲニングパワー、あるいは“焦りの度合”が見えるような気がします (@_@。
第一歩。この手の小さな合意が今後もいくつかあるのかと想像されますが、いずれにしろ、米中の思惑の違いで長期化は必至。
読む限りは、15日発動の関税延期は確定のようだが、これまでに実施されている関税については「発動済みの対中関税を停止あるいは引き下げ」と悪くならないものの良くなるのかは分からない状態。
日経平均は前場時点で+500円超・+2.4%で2万4000円直前。ダウは昨日+220ドル(+0.79%)で、1155時点で先物がさらに+110ドル、併せて+330ドル・+1.2%。日本株のほうが1円弱円安になって、為替サポートがあって株価上昇率が高いが、ドルベースでは差分は縮まり概ね同程度。
日経速報の方が詳しくないですか?
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53304360T11C19A2MM0000/

ここ数日関係者の話として記事になっていた米中貿易交渉の第一段階の緩和合意の内容が、ようやく出てきました。
詳細は誰でも読めるようなので日経記事を読んで頂ければと思いますが、中国がアメリカの農産品の購入を約束したのに加えて、知財保護に取り組む一定の言質が取れたことが、本合意のkey factorかと理解しています。

もちろん、この合意は第一段階であり、既に課している追加関税を軽減はしても撤廃はしないようです。
米中交渉は、今後、将来の世界一の経済大国同士の実質的な覇権争いとなり、単純な貿易交渉の域を超えて、長く神経質な交渉が続くでしょう。

今回、パンドラの箱をトランプ大統領が開けたことは、後に歴史的な転換点になるかもしれません。

けれども、今後は交渉内容がより政治的に複雑になるはずで、個人的には、民主主義国家の代表としてトランプ大統領が交渉をリードすることには危惧を覚えます。
さりとて、民主党にも輝く大統領候補はいないのですが…

トランプ大統領がもし再選されるのであれば、優秀な側近を起用して貰いたいものです。
今の状況を鑑みると米国の方が有利なのかなと感じる。Chinaは独裁国家なので共産党の好きなように政策をとれる。一方で米国等の民主国家は政府の求心力を維持するには支持率が重要。重要な交渉の際、Chinaは土壇場でひっくり返すのを得意技としてきた。民主国家のトップは手柄を目前にしてちゃぶ台返しをされると国民の失望を恐れてChinaの条件を飲んで不利な形で合意に突き進んでしまうのです。これを狙ったのが前回の米中の貿易交渉合意が突然白紙に戻ったやつね。ところがトランプはじゃあいいよ。関税あげるね!っとこれまでの西側トップとは全く違う対応をしてきた。Chinaのやり口を研究して来た米国にはこの手はもう使えないと言うことだ。一方で独裁国家と言っても国民の不満が募り暴動が起こることを習近平は最も恐れている。香港の状況はChina国内には伝わらないように統制をかけているものの、地理的に近い広東省ではつい最近暴動が起きた。これは共産党にとって大きな不安要素なはずだ。14億の国民を抱えるChina。これを食わせることができなくなると流石に暴動が懸念される。中華料理に豚肉は欠かせないが、猛威を振るう豚コレラの影響で豚が手に入らない!これらの背景を考慮するとChinaの方が米国からの食料品の輸入を望んでいるし、豚の需要を計算すると500億ドル…行っちゃうかも。
トランプ大統領の気まぐれでぶち壊しにならないよう祈ります。まぁ中国市場向けに物が売れないと困ることを一番よく知っているのはトランプ大統領でしょうから、これで手打ちにするとは思いますけど。
米中合意の詳細が出てきました。

米中通商協議、「第1段階」で原則合意=関係筋(Reuters)
https://newspicks.com/news/4458500/
中国が米国から農産品の輸入を増やすことになれば、日本が米国から輸入する農産品も値上がりするかもしれませんね。