新着Pick
597Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本でも同様の調査を実施して5年になりますが、アメリカと日本の違いの一つは、フリーランスとして働く動機。主要な動機が副収入を得られることと自由な働き方ができることなのですが、アメリカでは副収入>自由であるのに対し、日本では自由>副収入。

アメリカでは社会的・文化的に自由がある程度認められているのに対し、日本はいわゆる正社員で柔軟な働き方がそれほど認められていないというのが背景にあるのだと思います。

責任を全うできる人が自由を得られるのは素晴らしいことですし、そのうえで、ダウンサイドのリスク=保障や生活のセーフティネットと、アップサイドとしての機会=収入や(労働以外の意味での)資産の最大化、を広げていけるようにしたいですね
アメリカでは副業は当たり前。主人は政府に勤めていますが、それ以外にも仕事をしています。つまり役人でも副業はアリ。

ここにも社会保障や医療保険のことが書かれていますが、アメリカでフリーランスという場合、ここが最大の課題でしょうね。何せ医療保険が高いので。完全フリーランスよりも副業を望む周囲も多いですが、理由はすべて医療費です。ベネフィットを死守しながら、余った時間は好きなことでお金を稼ぐ、、、、それが一番の理想という具合に。

ちなみに、そんな風に副業万歳!な国ですから、皆さん時間がきたら、とっとと去っていきます。残業というコンセプト自体があんまりないかも。ベネフィットをくれる会社の仕事が好きでたまらない人も大勢いると思いますが、周囲は就業後のフリーの仕事に没頭しているケースがほとんどです。
組織に所属しないと、組織の中で渡り歩くスキルがどんどん後退していくので、ますます組織に所属できなくなりますね・・・。

服装を変えると気分が変わるというのは、ものすごくよくわかります。

自分のやる気が仕事の源泉なので、やる気がなくなっている時は非常に辛いですね。

チームのパフォーマンスを引き出すのに興味はあっても、誰にに評価されるのを意識するのが苦手なので、永遠にフリーランスかも知れません。
メリットとデメリットが紹介されていますが、(あくまでこの記事で紹介されている)メリットって場所や時間にとらわれない働き方が出来るってことの比重が大きいのですね。最近では時間や場所にとらわれない働き方は企業に属していても充分可能なので、企業に属さないメリットをもう少し教えていただきたいところです。

フリーランスになった友人も多いですが、彼らが共通して言うのは「人とのコミュニケーションが減ったので、雑談から生まれる情報が減った」と。彼らはそれを懸念し、積極的に交友関係を広めるような場に参加しているのですが、お金と時間を対価に人との(決して価値があるとも分からない)コミュニケーションを得ることに、突然虚しくなったりするそうです。どんな働き方をしても、無い物ねだりは尽きないです。
日本でフリーランスとして働く場合も、本記事に列記されていることが当てはまるでしょう。

何と言っても、収入が不安定であることと雑用を自分でやらなければならないことがデメリットとして大きいかも。

本記事にあるように、少しでもいいから安定的な収入を得られる仕事を持っておくと安心感が増すでしょうね。
(とはいえ、フリーランスはクライアント次第なので、本業優先だと時間で拘束される副業は難しいとこともあります)
長い間いわゆるサラリーマン生活を過ごし、今年からフリーランサーになりました。ここに書かれていることはおおむね理解できますし、その通りだと思いますね。

私のお勧めは、若いうちは企業に属しいろいろな経験を積んで、能力や人脈を磨いたうえでフリーランサーになることです。組織に属するメリットもたくさんあります。その会社が有している知財やノウハウ、フレームワーク、研修システム、他社や顧客との関係、大量にある情報などなどをコストをかけず利用できることが大きい。即ち自分を磨ける環境があるのです。中にいると気付かないことも、いざ外に出てみると大きかったことに気付かされます。それを理解したうえで、メリットを享受しましょう。
国や地域によってフリーランスが考えないといけないことは変わりますが、やはり適正と、「会社員」としていきるよりも「社会人」として生きたいという思想がないと上手くいかないでしょうね。

日本まだまだ会社を意識している人が多い。
社会を意識して生きたい人はフリーランス、副業、兼業、マルチキャリアを目指した方が良い。

会社と社会。
同じ漢字の並びが違うだけなんですけど、この微妙な差、大きな差をどう意識して生きるかが大切な時代になってきましたね。
女性のフリーランスが特に気を付けなくてはいけないのは、雇用保険に加入できないため、育休手当が支給されません。

国民健康保険では傷病手当金も支給されないため、民間の就業不能保険の加入も検討した方がいいです。
ただし傷病手当金と違い、うつ病などの精神疾患では支給されません。

国民年金では将来もらえる年金も少ないため、iDeCoか小規模企業共済に加入しておいた方がいいです。

これらは自己破産しても差し押さえられないため、フリーランスも加入することをオススメします。

小規模企業共済とどちらを優先するかは悩ましいですが、運用益はiDeCoの方が得られる可能性が高いです。
小規模企業共済は貸付金制度があるため、事業資金に困った時はこちらの方が有利です。
両方加入することも可能です。
どういう人がフリーランスに向くか?よく質問されます。私の考えは「自律性があるひと」。自分で決めて、周囲と協働しながら自律的に物事を進める。これが好き&得意な人は向いてると感じます。
いろいろなタイプ、いろいろな価値観があるので、メリットとデメリットも完全に「その人による」と思います。

フリーランスの最大のリスクは、健康状態ではないでしょうか?そこが崩れると、何ともなりません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません