【ロールモデル】やりたい仕事にたどり着く、「川下り型キャリア」とは

2019/12/25
「私がしている仕事は、本当に私がやりたいことだろうか?」──「モヤモヤ」を抱え、“Will迷子”に悩む人が少なくない。一度きりの人生を、自分色で彩るためにはどうしたらいいのか。
コンサルタントからお茶カフェの業界へ転身した木川瑞季氏、未経験から大ヒットを生み出したゲームプロデューサー奥井麻矢氏をゲストに招き、今の仕事と自分のやりたいことに距離を感じる人、これからどうやって働いていくのがいいか模索する人と一緒に、「仕事を自分ごと化する」ヒントを探る。
モデレーターを務めたのは、女性向けの転職支援を行うLiB代表取締役の松本洋介氏。
20代から30代の働く女性と向き合う中で見つけた共通の悩みとその解決法を、ゲストとの対話からひもといた。
*本記事は、2019年10月20日に行われた「カラフルキャリア」イベントの1セッションをまとめたものです。
「Will迷子」に悩む女性たち