新着Pick
811Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
発売5日で3.4万部を突破した、新刊『OPENNESS』。藤田さんに取材していただきました。この本が他の組織戦略の本と全く違うのは、二つ。まず圧倒的なデータ量。840万人の従業員データをもとに統計分析していること。データアナリストの力を借りながら分析しています。
もう一つは「性善説に立つか」という視点ではなく、ある種の「性弱説」。人間は基本的に弱さをもつため、その弱さをカバーするために組織戦略がある、という立場に立っていること。

人が人らしくいるため、その状態でどうやって成果を出すのか、極めてまじめに考え続けた結果の集大成です。

ぼくはこの本は働く人にとって、必ず価値のあるものになるーと信じています。記事を書いていただいた、藤田さんありがとうございます😊

▼(参考)Amazonリンクはこちらから▼
https://www.amazon.co.jp/dp/4478108811/
北野唯我さんのカンファレンスに参加し、直後に
この本を読み、2020の仕事の取り組み方に一本の筋が通りました。

透明性のある経営が大事だ、
相互尊重を大事にしようなど
理念や規範やメッセージを言語化し言葉を浸透さていく方法論は古く、行動や意思決定で見せていくこと。

経営幹部は強いメッセージで浸透させようとしがちだが、
どんなフレーズであれ、実態が伴わなければすぐメッキが剥がれ、Vokersやツイッターでリークされる。
それをギブンとして経営する。

頼まれていませんがこの本の帯に推薦文入れるなら
『嘘は必ずバレる』にします。
一度お話したい方ナンバーワンです。
今 同一性で固まった組織をダイバーシティ インクルージョンで進化させる方向性が出てきている。これは 筆者のいう「ある種人間性を排除した、ロボットのような状態で、「右向け右」で仕事を選ぶことがスタンダードになっていったことが挙げられます。」からの反省でもあると思う。
〉事業論は進化したけど、組織論は進化しなかった。

激しく同意します。
OJTでは事業遂行に必要な能力ばかりが鍛えられ、処遇で組織内序列が決められてきたので、組織論は蔑ろにされてきました。

かつては社会全体が成長していた(バブルでしたが)ので、組織論抜きでもなんとかなりましたが、平成の停滞でも全く転換できず、歪みが溜まりに溜まって今に至っています。

情報格差が縮小しているので、組織、従業員、顧客から信頼される「オープンネス」の浸透で、勢いだけの事業論から卒業しないと、選ばれる企業になれません。
同い年の天才(同い年というのもおこがましいくらい)、北野唯我さん。実は北野さんも関わっているOpenWorkでの情報を見つつ、自社のファクトからHRとして課題をさらに掘り下げ、改善に繋げようとしています。経営にその社員の声をもとに提案したことも。

オープンであるということはつまり、見える声に向き合い、何を解決すべきか、目指すミッションビジョンに向け、対話を通じて改善を重ね、時にあるべきに向け、大きく飛躍する一手を打つことだと思っています。
NEXT CULTURE SUMMITのセッションも拝見したが、とても面白かった!
「空気の研究」という古書が最近また読まれているそうですね。あらゆるものがデータ化されるようになりましたが、空気や風土はまだまだ感覚的なもの。だからこそ、それが何なのかという考え方や構造を理解したい。幸福学とかもそうですが、目に見えないものや定義ができないものを解明したいというニーズは高まっていると感じます。
『なんちゃって「オープネス」はバレる』は非常に重要なポイントかと思いました。株主の顔色ばかり伺って小さな嘘を重ね続けた結果、着実に経営が泥沼になっていく会社が多いと聞きます。これって株主含め誰も幸せになれていないですよね。本当になりたい姿は何なのかを見極め、真摯で誠実な姿勢で正しく経営する。それこそが誰もが幸せになる道なのかと感じました。
職場の雰囲気の良さは、個人の能力を発揮するために重要。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。