新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1964年の公民権法は、「米政府の資金援助を受けるプログラムや活動において、民族、肌の色、出身国に基づいた差別を禁じる」という条項があり、ユダヤ教差別にこの条文を適用して対処するために、ユダヤ教(Judaism)は国籍にあたるという解釈を作った、という事情です。
問題になるのは、いま大学キャンパスで起きているイスラエルの政策に反対するボイコット運動が、(ユダヤ人を標的にした)Anti-Semitismという差別問題なのかどうかという点だと思います。政治的意見の表明を封じるために、これを差別問題とみなして公民権法を持ち出すのはどうもおかしな気がします。
イスラエル支持のキリスト教福音派も強く意識。BDSにはユダヤ系のリベラル層も加わっています。