新着Pick
42Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
前からあった案件でしょうが、社長が変わってから海外へもう一度挑戦する、という姿勢を示す一つの事例のようにみえます。また、ESGは今後好む好まざるかかわらず、投資家にとって無視できない存在になりそうですので、その意味でも先進的。
特定分野に強い投資銀行の買収は規模や金額感含めて合理的かと思います。海外展開の再強化という事ですが、会社の看板ではなく個人のバイネームでディールを獲得し執行できるM&Aバンカーをつなぎとめて活躍させられるかどうか、組織、カルチャー、給与テーブル等PMIが重要かと思います。
これ自体は妥当なM&A。
しかし野村は相次ぐ不祥事により、むしろ自社のESG(というかG)が問われてると思います
野村ホールディングスは再生可能エネルギー分野のM&A(合併・買収)助言に強みを持つ米グリーンテック・キャピタル・アドバイザーズを買収する、とのこと。買収額は100億円を超える見込みのようです。