新着Pick
76Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今までYouTubeの動画コンテンツをただ閲覧するだけだった9歳の娘が、コメント欄でコミュニケーションをとろうとしたり、ソーシャルゲームを通して知らない人とオンラインで友だちになろうとしたり、学校のお友達とSNSでやり取りしたいと言い出したり。

ちょうどそういう年齢になってきたこともあり、今、子どもに対してネットサービスを使う上でのガイドラインを勝手に作ろうとしています。

ただ禁止事項だけを伝えてもダメで、なぜそれをしてはダメなのか、どんなリスクがあるのかもセットで伝える必要があると思っています。
大人でもSNSに向いていない方々もみえますよね…

確かに年齢ではなく、「どれだけの荒波に耐えられるか?」ということだと思います。

それは「成熟度」というより、「耐性」かもしれません。

実は、これはリアルな人脈でも同じで「拡大すれば拡大するだけ複雑でやっかい」になります。

SNSがない時代は、人脈のスケールに限界があったのですが、今はSNSのおかげで、簡単にスケールできるようになったので、良い面も悪い面もでてきたということでしょう。

最低限のセーフガードは、なんとか構築したいですね。具体的な方法が提案できず申し訳ありません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
SNSだから特別はない。コミュニケーションの手段の一つ。コミュニケーションに必要なものを考えれば答えは自ずと。