新着Pick

「無印良品」商標訴訟で本家・良品計画が中国企業に敗訴確定。賠償金1000万円支払い命じる判決

Business Insider Japan
無印良品を展開する良品計画(東京)が、中国で現地企業と「無印良品」の商標権を巡って争っている問題で、二審の北京市高級人民法院(日本の高裁に相当)は、良品計画の訴えを退け、中国で無印良品の商標権を保有する「北京棉田紡績品有限公司」に賠償金など約1000万円を支払うよう命じる判決を下した。 良品計画は2...
768Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
感情だけに依拠するコメントです、と断ったうえで、中国の知財権侵害を改めさせるべく貿易戦争を戦っている米国を応援したくなる (~_~;)
いや、理屈抜きの一日本人としての感情です (^^;
こういうことやるから軽蔑されんだよ。中国にちょっとでも批判的なことを言うとヒステリックに反応する中国人もいますが、これが公的に罷り通るような国はバカにされても致し方ないでしょう。
グローバル展開を目指す企業という概念と、エリアを区切ることで権力を得る国という概念は元から対立する要素がある。ことに中国の理屈は他の国とも異なる場合も多いわけで、それこそが「カントリー・リスク」。こういうことも起きてしまうわけですね。では進出しなければいいとも思われますが、何せ14億人の市場ですから、多少おかしなことが起きていても進出したいですしね…
今まで国内で地道に築いてきたブランドの名である商標権を中国では他社に奪われてしまうとは。
しかし、商標権に対して無防備であったのも事実です。

日本では、ブランドや特許を守るということがまだまだ弱いと思います。
最近、よく食べられているシャインマスカットですが、日本で品種改良により開発されたものです。しかし、開発した機関は売れないと思われていたこともありますし、お金がもったいなかったこともあって、知的財産権を登録していませんでした。
結果として、シャインマスカットは中国で勝手に作られるようになり、知的財産権の主張もできないようになってしまっています。

このような事が二度とないよう取り組む必要があります。
良品計画が中国に進出する前に商標が認められていたことから、このような判決になったのでしょうねえ。

しかし、これが一般化されれば、世界の有名企業が中国に進出しなくなってしまいます。

国や国民全体からすれば、自らの首を絞めるような判決。
無印良品だけでなくMUJIも退けられていたような。
商標登録は模倣品を避けるためにであるが、
模倣するために先行登録もできる。
これが先願主義でなく先使用主義の米国なら勝訴していたと思う。
中国のことは詳しくないのですが、中国の学生さんに何度か「日本では記者は政府を批判できますか」と真顔で聞かれたことがあります。こういう報道を見るたび、やはりどうつきあっていくべきかにもっと意識を置いておいたほうがいいのかな、と思います。
日本も「ティラミスヒーロー」とかの例があるし、中国を一方的に批判は出来ないかな。事例は中国のほうが圧倒的に多いと思いますが。

『シンガポール「ティラミスヒーロー」パクリ疑惑……「HERO’S」は法的に罰せられるか、弁護士解説 -』
https://newspicks.com/news/3612642/
屈辱ですが日本企業は他山の石としたい。中国に再進出を果たした「ZOZO」は大丈夫かなと真っ先に思いました。
中国の本質的な真似る能力の最大価値が正当化された瞬間。
商標の権利問題となればそれはそうなんだけど。

中国は真似る技術を何百年も掛けて磨いてきたけど、日本の本質的な価値の「創出」は未だできない。
なので毎回のごとく日本がつくったベースの設計図をいち早く手に入れそれを元に綺麗に真似てつくる。

ほんとに最近凄いと思うのは真似る技術が深さ在り方含めて繊細で圧倒的な中国の能力や価値になってきてるところである。
これがチャイナビジネス。

でも神様は見てていつかバチが当たるよ。
株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
時価総額
6,789 億円

業績