[東京 11日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は11日、年末エコノミスト懇親会であいさつし、世界経済について「全体として来年は比較的明るいのではないか」との見通しを示した。

黒田総裁は「主要国である米国や中国はしっかりしているし、インドも足元は元気がないが、来年は元の成長に戻るだろう」と語った。

また、黒田総裁は同懇親会に出席するのは今回で7回目であることを説明した上で「みなさんの顔を拝見すると、だんだん今年の景気がどうだったのかわかってくるようになった」と述べ、「やや明るい顔の人は昨年より少ないかなという気がする」と感想を漏らした。

とりわけ「銀行絡みの方はやや明るい顔の方が少ないのをちょっと気にしている」と語った。

黒田総裁は、世界的に重要なテーマになりつつある気候変動にも言及。「気候変動の話はこれからも十分気をつけないといけない。日銀としてもそういうことに対しては、色々な形で支援をしていきたい」と語った。

*内容を追加しました。

(志田義寧 編集:久保信博)