新着Pick
811Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
若手社員はスルーする勇気を持つことがまずひと仕事ですよね。。。

スルーしたいけど、、、言い出せない…。
ならば、無駄口叩かず、仕方ないから行くか…と。
行ったら行ったで、先輩や上司のグラスの減りを気にしながら、さらに聞きたくもない愚痴を聞きながら、、、
気がつけば、2軒目3軒目、、、
眠たいなぁ…明日も仕事なのに…と。

なんなんでしょうね、この文化。
一年を振り返る慰労会的な意味合いも充分わかりますし、重要視したいのもわからなくないですが…
いつからこんなに負担なものになったんでしょうか…。

行かなければ行かないで、なんとな〜く罪悪感…。

飲みニケーションが当たり前だった世代と、若い世代の考え方にギャップが生じているのも大きく起因しているのでしょう…。

年々話題になる飲みニケーション。
忘年会や飲み会が嫌な人もいるんだよ…!ということがネットを通じてでも世間に広く流れて救いの1つになるといいですよね…。
つまらん忘年会をやってるからです。
社員が来たくない忘年会をやってるような会社は顧客を喜ばせることはできません。
部下はある意味顧客です。

(追記)
昨夜軽い感じでコメントしたら200をこえるLIKEがついていて驚きました。皆さんの会社の忘年会ってよっぽどつまらないんですね。

忘年会も含めた社内のパーティを多くやってきた経験でいえば、社内の人間すら喜ばせられない人はお客さんを喜ばすのは無理です。皆さんが好きなスティーブジョブスだって、まず社員を熱狂させますよね。
上司の方は部下を顧客と考えて忘年会を企画しましょう。
こういう「職場におけるウェットな付き合いを若者は嫌がる」的な言説が多いですが、実態は違うと思っていて、「職場では」ではなくて、「別に一緒に働きたいわけではないが仕事だから仕方なくいる、みたいな関係性の職場では」という修飾語が重要と思います。それを思うのはベンチャー企業での社内行事での若者の参加率。要はこのコミュニティのためなら一緒にのみたいと思うか、という気持ちが大事だし、個の時代の今の方が潜在的にはそう思える「コミュニティ」をみんな求めてるんだろうな、と日々感じます
大事なことは「参加者価値視点」ではないでしょうか?

極論を言うと、これがわからない人は、顧客価値視点の考え方ができていないか、社員を顧客に見立てられないかのどちらだと言えるかもしれません。

「忘年会」「飲み会」「会食」…その他、全てのイベントに関して言えることは「参加者に対して、価値を提供できないものは欠席と言われても仕方ない」というのが原則だと思います。

何故「原則」なのか?日本では「義理ごと」があるので、そういった特殊事情の場合には「例外」もあるでしょう。

勿論「親交を深める」というのも立派な価値なので、それを参加者が、感じて価値と思えるのであれば、忘年会も飲み会も良いと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
別の記事を見て書き始めたコメントだけど、なぜだかそれが消えたので、似たようなもんだろうと酔った勢いでここにアップです。酔っ払いが嫌いな皆さま、ごめんなさい ( T_T)\(^-^ )
これで会社を去る、って局面で、酒好きの私を純粋に呼んでくれた飲み会が、長い人生で3度ほどあったなぁ… 部門にいた人たちが殆ど集まってくれていた。こういう記事を読むにつけ、幸せだったと思います… ン? これで縁が切れるという喜びからか (・_・?
そんなことじゃなかったと信じます。自腹で、しかも強制じゃなくやっていた飲み講のお返しだったかも。時間外の飲み会で部下とコミュニケーションを取ろうと思うなら、会社のカネも部下のカネもあてにしちゃいけないような気がします。生活を思うときつかったけど f^_^;
でも、送ってくれたみなさんを思い出す時は、今でもホントに幸せです。本気で飲み講をコミュニケーションの場にしたいなら、自分のカネでやるべきです \(^^)/
忘年会はともかく、会食は本来楽しく意味もあるもの。
幹事や主催者(会社)側のリテラシーが低いと #忘年会スルー
ということになるのは当たり前です。
さらにいうと、会社の忘年会で、社員に自己負担を求める
というのは論外です。
まず、忘年会のコンテンツをよく考えて、来たいと思うような意味のある企画をすること。それが出来ないような組織はダメ。それに尽きます。
忘年会が無くてもいいとは思わないですし、絶対に必要とも思いません。

上司としては何らかの形で慰労をしたり、感謝をしたりしたいと思いますし、メンバーに対して声がけして、気遣いをしてあげたいと思います。
機会は忘年会でなくとも、個別の食事会やお茶をするだけでも良いですが、
リラックスして話すためには飲食した方が良いと思います。

メンバーも参加したい人が参加すれば良いと思います。
そこには、義務などなく、自由で良いのではないでしょうか。

そもそも、ある人とある人が職場を通じて出会って、一緒に仕事をする、それだけでも希有なことなのですから、その機会を大事にできるなら形は問うべきでないでしょう。
会社の雰囲気によると思いますが、いい関係性の人とは、お酒を飲まなくても楽しいし、仮に苦手なお酒もいつもより飲めることもある。
最近は、大事な人とマンツーで
行くことが多くなりました。
そのかわり、
それなりのお店に行きます。

というか、
今年ほとんどがこれからですが。

まさに誰と飲みたいか、
というか、
誰と一緒にいたいかですね。

引用
飲みニケーションが若手に受け入られていないかといえば、そうではないようだ。飲むこと自体は好きだという声や、飲み会は楽しいという声も見られる。しかし、「誰と飲むか」を重視したいというのが忘年会スルーしたい側の意見。
行きたければ行けば良い。 行きたくなければ行かなければ良い。
以上!