新着Pick

消費財としての「大麻」は、ブランディング可能か?:米・クレスコラボの挑戦

DIGIDAY[日本版]
米国における大麻の広告事情は複雑だ。全50州で合法化されていないだけでなく、広告に関する規制も流動的に変わり続ける。だが大麻ブランドのクレスコラボ(Cresco Labs)は一般的な消費財分野のマーケターと同じようにマーケティングを行いたいと考えているようだ。
7Picks
Pick に失敗しました