新着Pick
92Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コンビニで手軽に「自転車保険」に加入できることは大賛成です。毎日新聞は、自転車事故のリスクを「銀輪の死角」キャンペーンとして伝えてきました。中学生がお年寄りと衝突、命を奪ったり、高校生が起こした事故の賠償金が億単位にもなっている現実に警鐘を鳴らして来ました。今も働くお母さんたちが、電動アシスト自転車で必死に子どもの送迎をしており、私自身、衝突の恐怖を何度も感じています。ながらスマホによる重大事故も増えています。「自転車保険」は必須の安全ネットです。
自転車保険の加入が各地で義務化されています。その契約がロッピーで簡単にできるのは便利。

「2019年年度(19年3月―20年2月)は、16年度に比べて4億円プラス、件数は約4・2倍を見込んでいる」そうです。

結構な保険金額になっています。
自転車保険加入者は意外に少なく、重篤な事故が起きたときのことを考えると心配になります。

体が弱っている高齢者など、自転車と接触して倒れただけで「寝たきり」になってしまうことも珍しくありません。

コンビニで手軽に加入できる自転車保険。
義務化される前から、しっかり入っておきましょう。
以前、Line保険の事例でニッチ保険の苦戦が取り上げられていたが、やはりニーズは存在しており、リスク細分化とプロダクト細分化はこれからの流れだと思う。
自転車保険は、かなり前からその必要性について、自転車販売のあさひが、地道にアピールしていました。

https://www.cb-asahi.co.jp/lp/service/ec/insurance/sp/

ローソンのロッピーで加入できるのであれば、親御さんには、是非自転車に乗る子供たちに、気をつけないと、自転車は人を殺す可能性があることをきちんと教えてあげて欲しいです。

高校生が高齢者に自転車でぶつかって、不幸にも亡くなり、高校生の人生と家族が一転する怖さは認識して欲しいです。
自転車保険については自転車購入時に提案してもらえるようになると非常に助かるなと思います。自転車購入時にこそ検討するし、日常だとどうしても後回しになりがちになるので。
株式会社ローソン(英語: LAWSON, INC.)は、日本の大手コンビニエンスストアフランチャイザーである。三菱商事の子会社として三菱グループに属している(三菱広報委員会の会員企業にもなっている)。 ウィキペディア
時価総額
6,309 億円

業績