新着Pick
766Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
臼井社長の手腕は本当に素晴らしいと思います。
何をするかよりも、何をしないかを徹底されている印象を受けました。
なぜ人気なのかをユーザーの視点多めで記載されていますが、コメダHDの拡大の凄さは、FC化の仕組みとキャッシュフローを創出しつつ、どこで利益を得るかのビジネスモデルの一貫性にあると考えます。

FCで何を提供するかという観点で、コーヒーもそうですが、モーニングに無料でついてくるトーストのフワフワとコンガリ感は秀逸です。2016年の上場前後に工場に大きく投資されており、それが今の成長を支えているのだと思います。
コメダの創業者、加藤太郎氏「繁盛店をつくるには、経営側の立場から考えるのではなく、お客さんの立場から考えること。」

わかっていても、なかなかその視点が保てない企業が多い。顧客視点で考えつづけたサービスは、受け入れられます。アマゾンはそれを「顧客への執着心」と呼んでいます。
ワタシが生まれ育った名古屋市北区を離れて、もう30年近くが経つのですが、家の近所にはコメダコーヒーを含む数多くの喫茶店がありました。そこではスポーツ新聞を広げながら、前日の中日ドラゴンズの戦いぶりに話の花を咲かせ、モーニングセットを楽しむ。これが朝の風景であり、今思えばまさに「コミュニティ」でした。

コメダコーヒーは徹底したマーケティングと高精度のオペレーション、一貫したポリシーの下のFCマネジメントで、これを他店舗展開として実現できたのではないかと考えます。スタバやドトールなどの対競合戦略として、ではなく、自分たちのあるべき姿・愛される理由をとことん追求し、そこから外れることなく歩んでこられた結果、ではないでしょうか。
最寄りのコメダは週末常に満席。やはり、シロノワールとあの椅子かしら。
都内のコメダはいつ行っても満席。打ち合わせや仕事で使う場合は最初から外して考えるほどです。年齢層を問わないのも理由だと思うし、敷居の低さがあるのに単価が安いわけではなく、いいポジションであると思います。

都内のコメダは混むので地方に行ったときに郊外のコメダに行くのを楽しみにしています。
居心地の良さを提供して、長居を促すコメダ。

食事がメインのファミレスに対して、コーヒーが主役のコメダ。コメダでコーヒーは「飲み放題」ではありません。

実はこのコーヒーが最も利益率が高い。店名を「コメダ珈琲店」とすることで、いかにも店で焙煎したかの様な印象を与えますが、実は専用工場での焙煎なんですよね。

アイスコーヒーは、透明ではないシルバーのグラスに入って出てきます。これだと残りを意識しづらく、お代わりを促す工夫。

ファミレスは「食事の場」になってしまっており、ランチとディナーにピークタイムが偏ります。一方のコメダは「珈琲店」なので、いつ行ってもいい気軽さがあり、稼働が偏らない。

本当に興味深い企業です。
ここが肝ですね。すばらしい判断です。

(以下、記事中から引用)
コメダが拡大して300店を超えると、創業者の加藤氏はコメダを投資会社に売却した。これは企業規模が拡大したため、本部組織を整備する必要があったが、加藤氏は組織をつくるのが苦手だったことが理由だという。
要約ありがたい。今となってはどこでも見られるようになったコメダ珈琲店。買収、その後の経営改善に関わった南章行さんの本を読んだ上だとより面白い。
なんと言っても、そこにマーケットがあるという事実にフォーカス出来たこと。
もちろん、最初から自信があったとは思えませんが
、どこかでそれが確信に変わったんでしょうね。そのきっかけはなんだったんだろう。
昔中部地区で初めて入った時にこれが噂のコメダかと驚いたが、その時は東京でもヒットするとは全く思えなかった〜
ダイスキです、シロノワール

白なのに noir という適当感も(適当じゃなかったらゴメンナサイ)
この連載について
忙しい現代人こそ、読書が必要だ――。 近年、教養を身につけることの重要性が叫ばれているが、意欲はあっても、読む時間を十分に取れないビジネスパーソンが多いだろう。NewsPicks編集部は、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、毎週土曜日に、話題のビジネス本の要約をお届けする。1冊約10分程度で本の中身を理解できるもので、まさに現代のビジネスパーソンにぴったりの内容。週末のひとときで新たな知識を手に入れてほしい。
スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)は、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である。 ウィキペディア
時価総額
11.5 兆円

業績