新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一瀬社長の経営者としての苦境と苦悩はよく理解できます。しかしこれはないでしょう?だってお客さまに向かって経営者が思いつきのように「万事休す」と宣言するに等しい行為なんですから。

いきなりステーキの苦戦の原因は客数の減少であることは明らかです。それを糊塗しようとして新規出店を繰り返しそれが裏目に出た。既存店の客数減少による売上減少を新規出店を増やすことで全店売上を増やす。その戦略が失敗したのです。マスコミ向けの言い訳である「共喰い」で失速したのではありません。既存店と新店も含めてすでに客離れが生じていたのです。

経営者としてやるべきこと。それはお客さまに向かってこのように「万事休す」と宣言することではありません。戦略の失敗を認めて仕切り直しの戦略を策定して実行することです。そうでないと株主と従業員はたまったもんじゃありませんよ。

この会社について巷間で言われている噂。それは「一瀬さんが表に出てきたら株を売れ」ということ。そういえば今年の春先から一瀬さんのテレビCMなどへの露出が増えていましたよね。案の定半期の決算で大幅な業績下方修正がありました。さらに追い打ちをかけるように先頃の四半期決算ではとうとう赤字転落となりました。債務超過の恐れすらあります。この噂からすると今回の「社長のお願い」は何を意味するのでしょうか。

社内の経営陣は誰も止めなかったんでしょうか。根は深いように思います。
株式会社ペッパーフードサービスは、同社が経営するステーキを中心としたレストランチェーンであるペッパーランチをはじめとした外食産業企業で、東京都墨田区に本社を構える。 ウィキペディア
時価総額
86.3 億円

業績