新着Pick
1249Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今年一番じゃないかと思うほど超絶気持ちのイイNewsPicks特集記事!

総合商社でも60歳くらいのオジサンの中にアフリカの奥地で大暴れした逸話が残っているジェラシックパークから飛び出してきたのか!?と見紛うくらい野性味あふれる戦士がいますよね。

ダイキンの峯野専務もエリートからははずれた野武士。でも、海外で中国や韓国に勝とうと本気で思ったら、こうじゃないと勝てませんよね。

次のターゲットはアフリカとのこと。私も去年のナイジェリア出張で感じたのは、記事にあるとおり中国が好き勝手やりたい放題でまったく現地の人たちのためになっていないということ。

ダイキン流のアフリカ市場攻略が楽しみです♪
日本企業で海外営業が強い会社は、峯野さんの世代の放浪、留年した「変人」が半分好き勝手やってきた会社が多いですね。アフリカで活躍している営業マンの人たち、この世代の方が多く、みな似ています笑。

峯野さんがナイジェリアにいらっしゃったのは、80年代でしょうか。その頃のナイジェリアは日系企業も多くオフィスを構えていて、若い人が駐在しており、毎晩みんなで飲み歩いていたと聞いています。

ダイキンはアフリカのほとんどの国に代理店を設置しています。
「アタック・アフリカ・フロム・インディア(インドからアフリカを攻める)」はケニアから開始ですね。
https://abp.co.jp/perspectives/japan/List_2019.html

中国系のビジネスというわけではないと思いますが(中国製品が入る以前からそうなので)、アフリカの販売代理店は右から左にモノを流すことが仕事で、提案営業やメンテナンス、サービスをするように定義されていません。一部、そういったことができる代理店があり、そういったところはやはり法人顧客から信頼を得ています。
超絶面白い!日本電産の永守さん的というか、商売人でオープンで、とても分かりやすく戦略を話してひたすらに執行されてきたのだろうなぁと。
エアコンは、家電のなかでは少し特殊な商品で、環境商品・規制が絡んでくる。冷媒対応もそうだし、インバータ含めた電力消費なども。テレビや洗濯機などはそういう規制はない。だから、その流れをつかんだり、補助金など含めて政府と歩調を合わせられるかは重要。それにしても年50万台の生産能力で2万台からスタートというのは震えるが…

リターンはリスクを取ったりコストをかけることで、他社ではできないことをできるようにすることで得られると思っている。工場投資もだし、営業網を自社でどれだけ作りに行くかもそれの代表。特にエアコンは家庭用だけでなく商業用があり、それは家庭用以上に止まったらすぐ修理が必要だし、そうならないようにメンテナンスもしていく。そのなかで信頼を勝ち取ったりすること含めて投資をしてきて、リターンが上がっている状態。

そしてエアコン専業というのもそう。実は井上氏以前はロボット手掛けたりと少し多角化していたし、また当時はむしろ化学メーカーになったほうがいいのではないかと株式市場では言われていたこともあると聞いたことがある。
でもエアコンと化学の二つに基本的に今は絞っている。そしてそこで負けたら企業としては終わり。これもリスクを取っている一つの事だが、だからこそ色々やってトータルで利益が出ればよいという会社とは必死さが違ってくる。コングロより専業のほうが一般的に評価されるのはこういう点が経験則的にあるから。
ぐうの音も出ないとは、このことでしょうか。

爽快というか、圧巻というか、痺れると言うか、お腹いっぱいというか。ここまで気持ちよく、バッサリといい切れるのは、そこに、それだけ戦ってきた重みがあるからなのでしょう。

にしても、欧州やナイジェリアでの語られざる過去が気になります(笑)。
「東南アジアやインドで成功している日本企業はどの会社ですか」、と過去10年以上で100回以上は質問を頂いていますが、毎回、その一つに必ずダイキンを挙げていたことに間違いはなかったと思える記事。何故ですかと聞かれたら、この記事を読んでください、と答えるようにしようと思う。

連載の初回でダイキンの東南アジアでの存在感は高いとコメントしましたが、ここでは実際にかなりの国でシェア1位であること書かれています。どのように、その地位を獲得したのか。外国進出の司令塔自ら答えるインタビュー。

どうやったら東南アジアやインドで勝てるのかと考えている方には、業態や商材に関係なく、様々なヒントや回答が含まれた記事。

やることを大胆に、どん!とやる明解な企業行動。
面白いです。ビジネススクールのケースにしたい(笑 この中で「中国メーカーはブランドをつくれない」という話を、私も別の文脈でよく取り上げます。アメリカで一番知られているのはTikTokじゃないですかねぇ。
いやー、このダイキン特集は、素晴らしかった。
気づけば我が家のエアコンもここ10年ダイキンだな。

待遇ばっかり言うコンフォートゾーン種族が増えるほどに、この国は凋落していく。
ダイキンありがとう!
ダイキンの事例は希望だ。学びます。
インドでのダイキンの快進撃は、
本当にすごいです!
特に、後発で市場シェア1位になるのは、
インドでは本当に大変!

自分として共感したことは三つ
- 誰もしないことをやる
- 若い時から海外でもまれる
- 一点集中でつきぬける

峯野専務に比べれば
はなはだスケールは小さいですが、
私もインドでこの三つを
日々実践しています。
どこまでも大阪商人気質。
まぁ、私も含めて、大阪の人って嫌なことあっても笑っておもしろくネタにしよなって励ましあう文化ある?ので、それってビジネスでも意外に通用するんだなーって東京にでてきて実感してます。
迸るエネルギーがインタビューから漏れてくる。
にしてもこんなことをさらりと言えるってすごいな笑

『アフリカは人類発祥の地だし、僕の海外担当としての原点でもある。でも、ナイジェリアには入れません。いろいろトラブルがあってナイジェリアでは犯罪者なので…』
この連載について
ダイキンが無敵の成長を続けている。創業95年目を迎えた老舗企業にもかかわらず、「失われた30年」に、逆に圧倒的な成長を見せ、売上高は約7倍、海外売上高は8割と真のグローバル企業に変貌した。キーマンへの総取材で、日本復権のヒントを探る。
サムスン電子(サムスンでんし、韓国語: 삼성전자 三星電子、英語: Samsung Electronics Co., Ltd.)は、大韓民国の会社であり、韓国国内最大の総合家電・電子部品・電子製品メーカーで、サムスングループの中核企業である。スマートフォンとNAND型フラッシュメモリにおいては、ともに世界シェア1位。 ウィキペディア

業績

ダイキン工業株式会社(ダイキンこうぎょう、英名:DAIKIN INDUSTRIES, Ltd.)は、日本の大阪府大阪市に本社を置き、世界五大陸38ヶ国に拠点を持つ空調機、化学製品の世界的メーカーである。略称は「ダイキン」。空調事業の売上高は2010年からキヤリア社を抜き世界第1位、またフッ素化学製品でもデュポン社に次いで世界第2位、換気事業においても世界第1位のシェアを誇る。 ウィキペディア
時価総額
4.53 兆円

業績