新着Pick
135Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インテルの独壇場だった市場に、マイクロソフトへ採用をきっかけにモバイルPC市場に食い込んでいくという話。クアルコムはAIの分野でも投資を行っており、早期よりビジネスドメインの転換に意欲があるように感じています
「現状ではPC市場におけるクアルコムの市場シェアは明らかにされていないが、おそらくは1桁にも満たないレベルだろう。それがSurface Pro Xで状況は大きく変わっていくのは目に見えている」
2017年からPC市場に参入しているクアルコム。インテルにどこまで追いつけるか。楽しみにですね。

今朝はインテルが量子コンピュータの実用化に繋がるチップを開発したと発表しています。
【米インテル、量子コンピューター実用化につながるチップ開発】
https://newspicks.com/news/4449250
ほぼモバイルで進んできたQualcomm。当然だと思うのと、VRやMRにも繋がるし、今更デスクトップには行けないでしょう。行く必要も無い。

下記の引用部分は、そう思わないユーザーもいるのでは。
タブレットの定義にもよりますが、Galaxy Foldを使いだしてから、iPad miniサイズのタブレットは不要だと思った。1台にまとめられた方が携帯もしやすいし便利、という購入前の想定と違わない使い勝手。ネックは価格と耐久性、重量の方でしょう。

“2019年は多くのメーカーが画面を折り曲げられる「フォルダブル」と呼ばれる2画面スマートフォンに挑戦したが、価格が高かったり、そもそもタブレットと2台持ちした方が便利だったりという理由で、あまり普及していないのが現状だ。”
確かに、Snapdragonをみれば、良いですが、その他はどうなんでしょうか?

少なくとも5Gでは世界をリードしているようには見えませんが…

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
クアルコム (英語: Qualcomm, Inc.、ナスダック: QCOM) は、アメリカの移動体通信の通信技術および半導体の設計開発を行う企業。 ウィキペディア
時価総額
9.5 兆円

業績

業績