新着Pick
978Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本に住み続けていると、なかなか気づきにくいことではありますが、アメリカに住んでいた頃は一時帰国する度に、日本の物が安すぎて爆買いしていました。こんなに品質が良いものをここまで安く買える場所はなかなかないんじゃないでしょうか。
食べ物も安くて美味しいし、最高です。西海岸では10ドル以下でまともなランチにありつけません。

逆に中国を訪れると10数年前の学生時代に訪れた時より物価がめちゃめちゃ上がっていることに驚かされます。
こうした状況を見るにつけ、日本人は相対的に貧しくなっていることを実感します。国内での格差云々以前に、全員で沈んでいっているということなのでしょう。
こういう話がでると、日本は沈んでしまった!というようなネガティブな反応ばかりが目に付くのですが、違います。

それだけ国際的な価格競争力があるのなら、積極的に製品を売りに行く。
それがだめなら海外から積極的に工場を誘致する。

そうやってカネと技術を日本に取り込んで、中国の成長に習ってどんどん雇用を生み出すのが正しい形。

使えるものは何でも使うんです。

いつまでも世界一の技術大国であり続けられるわけはないのですから、ふんぞり返って嘆いてる場合ではありません。
労働分配率が下降しているか?
していれば、企業として、賃金を上げる余裕がある。

一人当たりの賃金は上昇しているか?
していれば、労働分配率が下降しても、賃上げは難しい。

時給は上がっているか?
上がっていると、賃金の更なる上昇を抑える。

時短しているか?
労働時間が減れば、個人の収入が減る。

就業率はどうか?
高いと人手不足である。

海外との価格差は、長年の積み重ねで有るので
突然の変更は困難である。

寧ろ様々な条件の中で、賃金が上がれば、
とても良い状況が産まれる可能性はある。
物価を先にすると、反対になる。

この辺りが、政府がシンプルに賃上げして欲しい
という理由である。

しかし一番大切なのは、豊かな人生である。
それには、時短が一番大切だと私は思う。
経済の総数を比較するのは、余り意味がないと思う。
かつて高価格と言われていた日本の製品・サービスですが、他国が着実に成長する一方で、日本が「失われた20年」で立ち止まってる間に、世界は様変わりですね。こういう環境下だからこそ、自由貿易のメリットが享受できると思います。日本産が安くなったのは農産物も同じ。コメ関税などの「聖域」は全面的に見直すべきだと思います。
海外の特派員たちが口をそろえて言うことは、日本ほどグルメが美味しく安い国はないということです。先日、イスラエルの留学から帰国した記者は「ずっと自炊していました。高すぎて外食はできません」と。パリから戻った記者は「ワンコインでパリの数千円の料理りも美味しい」。私もニューヨークやパリの物価の高さには辟易します。日経のこの記事、確かにその通りで、喜んでばかりはいられないということですね。

以下の部分をテイクノートします。

 例えばハンバーガー価格の違いから為替水準を探る英エコノミスト誌の「ビッグマック指数」。7月時点の計算によると、日本で390円のビッグマックは米国では5.74ドル。同じモノの価格は世界中どこでも同じと仮定すると、ここからはじき出す為替レートは1ドル=67.94円となる。
ただ、実際のレートは1ドル=110円前後で30%強円安だ。その分円を持つ人にとってはドルで売られるビッグマックが高く感じられる。
熱々の牛丼並が380円で食べられる。割引を実施していた時はテイクアウトで300円。米国から帰国する度に日本の物価の安さを痛感する。
バブル崩壊後の政策対応を誤った結果、長期デフレを放置したことで、民間部門の支出性向が異様に低下し、中立金利がマイナスに沈んだことで金融政策が効きにくくなっています。
こうした場合の処方箋は財政出動が有効と海外の主流派経済学者達は指摘していますが、日本は財政出動に臆病なので、なかなか長期停滞が克服できないという構図でしょう。
むかしアメリカや香港で暮らしたころは、日本の物価の高さに驚きました。日本と同じ給料を貰ってドルに両替すれば、ホントに豊かな暮らしができたんです。その後の日本はデフレが続き、海外では物価が上がっています。本来ならそれに合わせて円が強くなって良い筈ですが、円安を望む声に押された強烈な金融緩和で円の価値を落とした結果、今では外国に行くと物価の高さに溜息が出ます。日本がそれなりに高く思えるのは、伝統的にバカ高い肉、野菜、果物といったものばかり。
え、なぜデフレなら円高が必要か、ですか? 1ドル100円のとき日本で100円、米国で1ドルのハンバーガーが、日本で100円のまま、インフレの米国で2ドルに上がったら、1ドル100円の換算では米国で半分しか買えません。1ドルが50円になって、100円玉が2ドルになって、日米とも1個買えるから (^_-)-☆
相当遅れた“発展途上国”に行くと、今でも日本人は物価の安さに目を見張るはず。世界の先進国から見ると、日本がだんだんその立場になっていっているということで「価格が映す日本の停滞」というタイトルを、自虐と切り捨てられないのが悲しいな・・・ (*_*;
ディズニーとダイソーの価格を比較するのが物価の比較として望ましいのかかなり疑問がありますが、日本が相対的に貧乏になっており、そこから抜け出すための明るい展望を描けていない、というのは確かだと思います。
日本(とりわけ都市部)は、住居費等が他国に比べて高いし交通費もとても高いです。
(土地代は言うまでもなく、新幹線も高いしタクシー料金も高い)

賃金が低いというけど、アジア諸国の中ではドル建てでダントツに日本は高いです。

つまるところ、日用品に回すお金の割合が低くなっているのでしょう。

各国によって事情が違っているし消費も多様化しているので、もはや購買力平価は一つの参考指標にすぎなくなってしまっています。

業績