新着Pick

自動車業界の崩壊が近付いている…… 自動車メーカー、今後2、3年で約8万人の雇用を削減へ

Business Insider Japan
・2019年、自動車メーカーで働く人々は大きな打撃を受けた。 ・ブルームバーグがまとめたデータによると、世界全体で今後2、3年以内に約8万人の雇用が失われる見込みだという。 ・11月下旬には、ドイツの自動車大手ダイムラーとアウディが合計約2万人の人員削減を発表した。売り上げの低迷、電気自動車の生産コ...
378Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本国内の雇用維持も難しい局面を迎えています。
次世代CASE関連の開発人材は売り手市場ですが、生産関係、販売関係、さらに事務スタッフ部門は人余りが顕著になってきます。他人のできないことをやれる人材が求められているわけですが、これは雇われる側にとっては簡単なことではありません。
長らくクルマ産業に従事してきた人たちの雇用の受け皿を一刻も早く用意しなければなりません。MaaSにそこまでは頼れないし。
内燃を生産しながらEVなどの開発も進めるという点でコストはかかる。ただコストがかかる=それだけ研究開発などの人件費がかかっているということ。まだ生産をやめていない中で減らすというのは、むしろ今までが多少過剰だったということだと思う。
ちなみに、下記でコメントしたが、自動車業界はサプライチェーンが重層的で、従業員数が極めて数えにくい業界。あと従業員数だけから見ると、Teslaのほうが一台生産したり、同じ売上を作るのに対して、より多くの人員がかかっていて、「EVになると人員が減る」というよく言われることとは逆の数値になっている。
https://newspicks.com/news/4425059

ドイツは労働者についての保護規制が結構あったと思う。日本でも90年代と今ではリストラのしやすさが大きく変わったが、そういう観点での変化がなにかあるのかは気になる。
価値の総量、対価の総量を増やす取り組みに仕立てる知恵を出す!
元記事の編集者の記事リストを確認してみましたが…「この世の終わりだ…」的なタイトルばかりで、不安を煽りたいタイプみたいですね。

Teslaは、すばらしい企業ですが、GMと同じだけ…いや、1/20でもギリギリです。(GMが800万台強で、Teslaは30万台強)

NIOが苦しんでいるのも、生産のための設備投資が巨額になるからです。

そう考えると、強みと弱みは表裏一体であることがわかります。

何もせずに座して死を待てば崩壊の可能性もありますが、逆に強みを活かして新しい価値を提供できれば、新しい時代に、新しいカタチで生き残れるでしょう。

こういった悲観論ばかり書いて、不安を煽る編集者は、個人的には苦手です。何故なら、全くの評論家であり、当事者意識が全く感じられないからです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
従業員の「資産価値」を認めるべきだ。

このことは、無形資産としての従業員は償却可能かという具体的テーマとして、もっぱら会計原則の国際的収斂の中で議論されているようだ。

会計の領域以外での議論は知らない。もっとも、企業買収の場合、対象事業や会社の評価には従業員の価値が反映しているから、真水ののれんを算定するための取得価格の各資産への配分(PPA)によって、この従業員という無形資産の評価が必要になってくる。

従業員の資産価値を認めると人員削減の不当性が顕在化する。なぜなら、人員削減は、会計上の株式価値の低下に直結するからだ。

さらに、従業員の資産価値評価では、無形資産価値を勤続年数に単純に比例させるのではなく、個々の従業員の質を問題にすることにつながる。

また、従業員の価値が算定でき、耐用年数を算定できれば、償却も可能になる。退職給付では、費用サイドだが、従業員についての費用算定を行っている。期待退職率や予想死亡率などを置ければ不可能でないように思う。
モーターで動く電気自動車は、エンジンで動く自動車に比べ、部品点数が少なくなります。
当然、組み立ての手間も減ることになります。
とすれば、工場の生産ラインで人が減るのは致し方ありません。

また、最近は産業機械の進歩により、工場の省力化が進んでいるので、その相乗作用で労働者を減らせるのだと思います。
技術の進歩ゆえ、仕方ないことです。

しかし、電気自動車を推進して環境問題が解決するかどうかははっきりしていないので、まずは、電気自動車を普及させるのが環境負荷を減らせるかどうかの検証から入るべきではないでしょうか。
元々高コスト体質なドイツ各社、経営不振に喘ぐ会社。

今ならいろんな理由で解雇しやすいですものね。
自動車製造には本体の組み立てに約3万個以上の部品が使われていますし、輸送をはじめとした周辺産業は大きく。
不景気による生産の落ち込みは、乗数効果的にものすごい数の労働者に悪影響を与えてしまいます。

ただピンチはチャンスでもあるので、業界自体が自己否定をしながら改革を進めるチャンスでもあります
スリム化よね
アウディ(ラテン語:Audi)は、フォルクスワーゲングループに属しているドイツの自動車メーカーである。 ウィキペディア

業績

ダイムラー(ドイツ語: Daimler AG)は、ドイツ・シュトゥットガルトに本拠を置く、乗用車及び商用車の世界的メーカーであり、トラックの販売における世界最大手である。フランクフルト証券取引所上場企業()。 ウィキペディア

業績