新着Pick
329Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
‘’学校のICT(情報通信技術)化に2318億円、中小企業のIT化支援などに3090億円を充てる。ポスト「5G」を見据えた情報通信基盤強化には1100億円程度を盛り込む‘’とのこと。一兆円規模の投資をAIに投資するのは素晴らしいですが、正しい使い方をしてほしい。AIと言う割にあまりAIへの投資に見えないのですが、詳細見ればAI促進につながっていることを期待。

企業からも政府からも戦略分野に投資を行い、特に人材育成の加速を促してほしいです!
ざっくり分類すると、従来のICT化がまだまだ進んでおらず投資が必要で、次世代の5GやAIは部分的な投資でしかない、という数字に見えますね。(タイトルでは5G・AI推しですが)
・従来ICT: 5408億円 (74%)
・次世代通信(5G): 1100億円 (15%)
・次世代研究(AI?): 500億円 (7%)
・次世代ハード: 275億円 (4%)

=詳細=
・従来ICT:学校のICT化の準備(2318億円)、中小企業のIT化の支援(3090億円)
・次世代通信:ポスト5G (1100億円)
・次世代研究:若手研究者 (500億円) ※これがAI?
・次世代ハード:スーパーコンピュータ(150億円)、量子研究(125億円)
デジタル教育で遅れをとった日本にとって必要な方向転換です。ただハードの部分を充実させるだけでは不十分で、ソフト、つまりデジタル環境に適した思考回路を育む教育環境に注力することが必須。先日発表されたOECDの学力調査(PISA)で日本の子供達の読解力が低下した主要因の一つが、事実(ファクト)と意見(オピニオン)を見分ける判断力や、白黒つかない灰色の部分を理解する力などが弱かったこと…デジタル時代にはリニア思考から脱却することが重要なので、その部分に注力することを忘れずに。いくら最新ITを整備してもここを怠ると意味がない。
>補正予算案だけで1兆円近い費用を充てるのは、首相の決意の表れといえる。

こういうドンとした巨額予算は絶対に日本のためになると思いますが、日本経済のためには「真水」の予算である必要があります。この分、他の予算を削ったりしないでくださいね。
学校のICT化は理解できるけど、「生産性向上に向けた中小・零細企業の取り組み支援のため、約3600億円を3年間で支出する」これは何だろう?新しい時代の利益誘導型の公共事業にならないようにして欲しい
デジタル・ニューディールに約1兆円の補正予算。
「学校のICT(情報通信技術)化に2318億円、中小企業のIT化支援などに3090億円を充てる。ポスト「5G」を見据えた情報通信基盤強化には1100億円程度を盛り込む。」
とありますが、効率的な予算の使い方をしていただきたい。後で、なんであんなに無駄な使い方をしているのだ?と言われないように。この手の予算は、何故かコスパが悪く使われる。
長期的な取組だけでなく、短期的な取組にも予算が当てられています。

AIやスーパーコンピュータへの研究費の予算も大切ですが、足元の中小企業のIT化や学校のIT化など普及に対しての予算が充てられているのは良いことです。

あとは、予算を執行する行政の役目ですが、ここが機能不全に陥ることが多いので、
無駄遣いすることなく、予算の本当の意義を考えて執行してもらえればと思います。
日本の学校のICT教育は遅れています。原因は学校の構内情報通信網(LAN)が弱いからです。これから生徒一人一人がネットにつながって授業をするとなるとLANの強化は必須です。
米百俵の精神ではありませんが、これからの日本を考えると教育に投資するのは良いことだと思います。
超党派の教育ICT議連の議員たちが2000億円ラインの攻防とおっしゃってました。2000億円を大きく超え、4年で4000億円超え。関係者のみなさん、大変な奮闘です。他領域はともかく、この分野への投資は支持します。
日本の構造は、大企業の幹部が、ICTやDXを理解していないので、何をやっていいのかわからない。だから、技術や製品があっても市場が回らないという現状です。大企業であっても、部署単位の予算が数百万みたいないところが、たくさんあって、付き合うだけで面倒になってしまう。大企業にばらまくと、薄く溶けていくんだろうなと推測できます。