新着Pick
75Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
歳出拡大がたりないからもっとやれという野党の批判ならわかるのですが、歳出増やしすぎと野党が批判するのであれば、これまでの野党の主張とつじつまが合わないと思います。
>止まらない歳出拡大に野党などから批判が強まりそうだ。

野党のマクロの経済政策を聞いたことがないので、むしろしっかりと論理的に「何がいけなくて」「何をしなければならないのか」を主張してもらいたいくらいです。

まぁ、財務省みたいなことを言って終わるんでしょうけど、それじゃあ国民の支持は得られないよ。
リーマンショックの直後と、安倍政権誕生直後に11兆円の補正予算を組んで公共事業を大きく積み増した時を含め、当初予算と補正予算を合計して100兆円が何となく歯止めとして意識されていた時代が続いていたように思います。現に、政権交代直後に補正で100兆円を大きく超えた次の年度はギリギリ100兆円台前半で抑え、その次の年は99兆円台に戻しています。ところが一昨年度にこの壁を破って当初と補正で101兆円を超え、昨年度は当初で100兆円の壁を突き破る。2年連続100兆円超えと見出しにありますが、今ではもう、100兆円を意識する人は少ないでしょう。
折しも海外景気の停滞と消費増税が重なって、政府も国民も財政支出を増やせの大合唱。金融緩和に行き詰りを感じるからか、日銀からも何とはなしに財政支出を期待する声が聞こえます。 (・。・;
日本の予算の膨張は、行き付くところまで行き着かないともう収まらないような気がします。「止まらない歳出拡大に野党などから批判が強まりそう」とありますが、仮にどこかの野党が政権を握っても、たぶんこの状況は変わりません。変えようとすれば、景気が失速して遠からず政権を失いますから。ここまで来た以上、そういう意味じゃ、野党の批判も批判のための批判でしかありえない。本気で批判する人がいるとすれば、政治への野心も相場維持への期待も抱かない一部の人達だけ。市井の民は、行き着くかもと言われるところに行き着くかないよう祈るしかなさそうです ^^;
予算規模が過去最大を更新がなぜニュースになるのかが私には理解出来ない。毎年更新するのが普通なんだけど。
幼児教育・保育の無償化については負担が増えたという人もいるよう。
【幼保無償化なのに「12万円負担増」 制度の落とし穴】
https://newspicks.com/news/4322034