新着Pick
382Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ものすごく地に足のついた普通のことを大事にしていらっしゃる。安心を与えることが人事戦略の柱になるということはそれだけ厳しく、ハードワークなのでしょう。

一次のエッジはないが社会のインフラになり、辞め楽天と言われようがメルカリ山田社長、ビズリーチ 南社長、辞め楽天達は日本経済をリードしうる人材になっている。
離職率は下がっても、社員数が増えれば離職数に触れる機会が増える。この辺り、社員が感じる気持ちの部分へのフォローは本当に難しい。

例えば僕が入社した2017年1月、つまり2016年度のオイシックスの離職率12%程。一方で今年2019年度は現時点予測で6%程と半分以下。

但し、社員数で言えば2016年度の200人から、2019年度は700人を超える組織になっている為、感じる数は体感ではやや増えているように感じることも。楽天さんの規模なら、なおのこと。

辞めていく人も残ってくれる人とも、自社との関わり方をどう考えていくかは、しっかり向き合っていく必要があり、HRとして楽天さんの取り組みから学ばせてもらえることは多々あります。
"楽天は「究極のオーナー会社」なので、基本的にトップダウンで、なかなかボトムアップで意見やアイデアを上げていけない"
ありますね。このイメージ。そもそもネット系メガベンチャーでボトムアップの会社はほとんどない
地に足付いたインタビュー。すべてはうまくいっていない現実を認めて、改善に向かえる組織は強い。
人事は「人の事」、それぞれによって見え方が違う。そこに感情も加わるから、特に文化が強い会社ほど、良し悪しの評価が分かれるとも思う。でもそんなものだとも思い、従業員・会社、それぞれの平和のためにもその相性が良い会社で働くことは重要だと思う。
私の周りもお帰り組が増えてきました。
周りでも転職先に楽天を選んだよ、という声もちらほら。
私は2006年中途入社ですが、その頃のメンバーとも未だに仲良しで、とても良い会社で20代を過ごせたなと感謝しています。
この連載について
ECにクレジットカード、野球やサッカーのプロチーム運営まで。手がける事業がすでに70を超える楽天。2020年春には携帯キャリアとして本格参入する予定だ。売上高が1兆円の大台を超えた今も成長を続けるが、三木谷浩史社長率いるITメガベンチャーを取り巻く環境は厳しい。楽天は勝てるのか。

業績