新着Pick
112Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
翻訳がこなれていないので、こちらの記事の方が読みやすい

中国銀行が国内初のブロックチェーン債券発行システム導入
https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/news/1222614.html
"債券発行者や引き受け企業、投資家がシステムに登録すると、デジタル署名認証や情報の暗号送信に使えるCA証明書を自動で取得する。次に、ブロックチェーン上で債券発行者が指定する会計管理者が引き受け企業のグループをつくり、債券の詳細や発表文書、発行結果などの情報をリアルタイムでシェアできるようになる。"
読解力が試されている記事の気もしますが、ひとまず、本件の発行は、目的が中小企業支援という、普通国債の発行。中国の金融機関は、それとは別に中小企業に関連した、ファクタリング等でブロックチェーンを使っている、と理解しました。

前者の債券発行へのブロックチェーン活用は、昨年8月から世界銀行が実行しています。後者のファクタリング等へのブロックチェーン活用は、邦銀も試行しています。

つまり新しい施策というよりも、「中国がやった」というこど本件記事の新味なのだと思います。
日本でも金商法が改正され、取り扱えるようになるSTO(セキュリティトークンオファリング)で実現できるようになります。
取り急ぎ、メモ📝

蛇足ですが、一瞬、岡山県にある中国銀行か⁈と、目が点になりました。岡山県にある中国銀行は、中国の中国銀行と間違えられないように名刺を工夫しています…
「百聞は一見に如かず」と昔から言いますが、新しいことに関しては「実践にかなうものなし」だと思います。

そういった意味では、市場で実践し始めたことは、他に対して圧倒的な経験を得ることができるということです。

当然問題もでてくると思いますが、やってみた人しかわからない問題なので、よい経験になります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
中国のデジタル通貨は、中央集権的になるよね
ブロックチェーンには、肯定的な発言をしていたけど
それは、中央集権的な仕組みに利用できるから
ブロックチェーンが活用されるとしたら、こうした中央集権的、かつ分散的資産だよねー
中国はブロックチェーン先進国ですね
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績

業績