新着Pick
385Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
恐れ多くて言いにくいですが、Gotchさんと考え方が類似してるところが多いなぁと記事から感じた。
自由はとても難しい概念で、それを心から享受できるのは強い意志のある人だけだろう。

そしてNewsPicksに、アジカンのGotchさんのインタビュー記事があることがめちゃくちゃ嬉しい!年末のカウントダウンジャパンのライブも今から楽しみ!

”「自由に」と言われて自由になるのは、実は難しかったりもします。
「自由に」と言われると「自由にしなければいけない」という強制力が生まれたりもしますよね。
それで、「誰のまねもしなくていいよ」と言い換えたとき、ファンの方にも「あ、いいんだ」と感じてもらえたように思います。“
音楽に留まらない表現者、と感じるインタビュー。
ちょっとアジカンが聴きたくなった。
19歳の時に始めたバンドのメンバーと、当時のゴッチがRadioheadについて言及している記事を読んだことが思い返されます。

当時はもっと「如何にポップであるか」について書かれていて、Radioheadみたいにとがったことやりたくても日本にそれを受け入れる土壌はなく、如何に市民権を得てからメッセージを発するか、みたいなことを言っていたように記憶しています。

そこからこのインタビューを読むと、「社会に対してメッセージは言えるようになったけど、ここまできても結局一人の人として責任もって言う以外ないし、受け取る人もそれぞれ。それでいいのでは。」という、ポップを一旦貫いた人の得た境地があるような気がしました。
後藤さんも音楽業界の中に、ビジネス界と近しい変化を見出されているんだな、と思いました。

・コモディティ化に対する自分らしさの追求
・解釈のダイバーシティに対する受容
・社会課題解決へのオーナーシップ
アーティストの方のインタビューって言葉がスッと入ってくることが多いのですが、別格のインタビュー。こんなに言語化が人の頭にスッと入ってくるレベルで昇華されてるものありますかね、、すごい。。
この連載について
NewsPicks編集部による特別企画を有料でお届けします。
株式会社あじかんは、卵焼き、干瓢・椎茸、かまぼこ、冷凍食品などの製造販売を行う会社。 ウィキペディア
時価総額
60.6 億円

業績