新着Pick
63Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
欧州にもグローバルの投資資金が回るようになってきている。トランプ大統領によって欧州と米国の分断が急速に進むなか、マーケットも分断され始めてる。ルールも別に。スタートアップにすると大きなチャンスが生まれてきてる。日本はここでも取り残されてるけど
ベルリンは欧州でもスタートアップの誘致に力を入れていて、ロコンドやグルーポンなどに投資していたロケットインターネットなどが有名です。知り合いのコンサルタントも起業し成功しており、ベンチャーのエコシステムができている模様。遊びに行ってみたいですね
ベルリンというだけでなんかワクワクしちゃう自分はあかんなぁと思う。
というか欧州という場所にそこはかとない憧れを持つ自分は、やはり古い世代の人間なんだろうなぁ。

世界が分断されてきていることが、改めて欧州にチャンスをもたらしているのかもしれない。
そもそも資金はシリコンバレーに一旦集積されているだけで、それは変わっていく可能性があるだろう。

日本はどうなるのだろうか?
やはり魅力的なグローバルビジネスを生み出せるかにかかっているわけで、マーケットを最初から世界に設定するには、僕みたいな感覚でない人が先頭に立たないとダメ。

でも自分もまだまだ進化出来るはずと信じて前向いて頑張ろう!!
同世代のみんなもね!!
西海岸から来た友人とも話していましたが、人材もアメリカ一辺倒から世界同時多発的に専門性が分かれて来ていますね。

GDPRや規制の動きに合わせて、新しい専門性が必要になるため欧州ではデータプライバシーを前提にした新しいモデル設計も始まりつつあります。

この流れは数年遅れて日本にも入ってくると思うのでアンテナを張っていて損はないかなと思います。
弊社にも、最近、欧州のスタートアップからの
問い合わせが増えています。
資金調達も盛んになっている。
スタートアップの世界では注目されているベルリンのスタートアップの共同創業者の話。つい2013年まで資金調達のためにシリコンバレーにでむかなかなければいけなかったのが、数年で激変したということからもスタートアップの位置付けが世界で変わってきていることを体現している気がします。