新着Pick
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
予想通りの結果ですが、ここで検討すべきは、保険適用を継続するのかだと思います。

とりあえずやってみよう、で限られた財源を使うべきではなく、ここまで得られた費用対効果を検証し、その効果が不十分ならば、成熟を待つべきとの判断で再度適用を外す必要性を考慮すべきと思います。

それは医療の退化ではなく、適正化です。
保険適用が始まる前に国立がん研究センターに取材したのですが、もともと世界的に見てもこれくらいの数字で、がん研究センターの臨床試験でも同じくらいの割合だったので、予想されていたことです。検査を受けたのが800人という多さのほうが個人的に驚きです。

1割にとどまる理由は記事にあるように、遺伝子変化が見つかっても対応する薬が少ないからです。薬の臨床試験が進みにくいのは仕方のないことですが、もどかしいとも思う関係者は多いと思います。

ただ、こういったゲノムデータと患者の生体データなどが集まり、遺伝子変化別の予後やさらなる薬の開発につながることは期待できます。

あとは、予期せぬ遺伝子の変化が見つかったときのフォロー、がん保険の加入拒否などの差別への対策もあわせて必要です。
1割それも治るわけではなく延命効果のある薬です。

がんゲノム医療は、未来のためのデータ集めという側面がある、というか大きいと考えています。そういう意味では保険診療を続けていくのに賛成ですが、検査を受ける患者さんのためになっているかというと、大きな意味はないことが多いと思いますね。
(これにどれくらい費用がかかるのか予測値すらも報じられない杜撰さです。そのようなドンブリ勘定(勘定ですらない)のおかげで、厚労省も、その下部組織で保険適用を決める中医協も医療皆保険を壊してきたのに更に破壊するつもりなのか。

中医協の委員には企業の代表もいるのに、何をしているのだろう。"打ち手の小槌"とみなされている負担側の現役世代はたまったものではありません。何よりこの保険適用に年齢制限がつかないのが驚きです。どんどん癌が増えていく高齢者に大盤振る舞いでこれをやっていくのか。)(誤字修正)
遺伝子カウンセラーの数も少ないですしね。保険適用が始まった割に態勢が整備されていないと感じていたのですが、やはり。
一方で、1割もの患者さんに効果が期待できたことは裏を返せば朗報なのかなと...