【5大ニュース】シリコンバレーで「最悪の仕事」を引き請けた男

2019/12/8
今週1週間、アメリカのシリコンバレーでは何が起きたのか?
今週は、グーグル共同創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが引退。米メディアは、アルファベットには大企業としての課題が山積しており、後継者は「シリコンバレー最悪の仕事」と、その舵取りの難しさを指摘した。
一方、同じシリコンバレーでは、デジタル銀行のチャイム(Chime)が5億ドルの巨額資金の調達に成功。シリコンバレーの投資家が次に賭ける分野は、ずばり「デジタル銀行」だ。
1週間の世界のテクノロジー、ビジネスの話題をサクッとアップデートしよう。
①シリコンバレーで「最悪の仕事」