新着Pick
201Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Googleの創業者2人の議決権に関する興味深い考察。新興企業においても世代交代するタイミングで起きうる議論。

以下引用
創業者2人に特別な議決権を与えるようなスキームは、かつての新聞業界の仕組みを参考にして弁護士が作ったという歴史を紹介している点だ。世代を超えて、その一族がメディアをコントロールできる仕組みは、実は伝統産業に則っている
今週は5億ドルの大きな式調達のニュースと、ヘルステックの期待の星が営業停止という二つの対照的な話がありました。

明らかに、今年のUber、Lyft、WeWorkといった過剰の期待を背負った企業のメッキが剥げたという投資家の評価があり、シリコンバレーのスタートアップは資金調達に時間がかかる状況になっていることが伝えられています。

それでも、やはり勢いのあるディスラプターには資金が集まっていることが確認されました。

7月にはブラジル発のNubankが4億ドル、1月にはN26も3億ドルの資金を調達しています。

来年もこの分野にはますますお金が流れ込むとみられます。個人的にはアメリカの銀行は知らないところでいろいろな手数料がかかって、ユーザーとして非常に不満。こういったペインを解決してくれるディスラプターの躍進に期待します。
グーグルの創業者2名の交代が、やはりビッグニュースだった今週のシリコンバレーです。米メディアの報道に目を通していて、面白いなとおもったのが、創業ファミリーの世襲についての考察。

グーグルは、創業者が会社をコントロールしつづけるために、特別な議決権のある株を発行しています。こうしたスキームを生んだ弁護士は、実はかつての新聞業界の創業家支配の仕組みを参考にしたと、米メディアが紹介しています。いわゆるオーナー一族が、末永く、そのパワーを継承する仕組みは伝統産業を模倣したということ。

引退しても2人は大株主で、兆円単位の資産をもっており、かつ特別な議決権をもっており、今後もアルファベット/グーグルを支配できる立場にあります。まだ40代の2人は、21世紀にわたって「華麗なる一族」を繁栄させるのでしょうか。大変おもしろいトピックです
今週も色々ありましたなぁ。
中国からの資金流入については、今後もリスクアリとみなされるのだろう。中国由来の技術なども規制の対象になったりすると、混乱が起きる可能性がある。

また顔認証については、特定するために使用すれば当然起きる問題ではある。
個人的には、いずれ適切に管理される社会が来ると信じたいので、犯罪抑止などのためにこれが普及することを期待したい。
CNBCが選ぶ「2019年の業界の破壊者50社」の一社にも選ばれたゲノム解析の企業「ヴェリタス・ジェネリクス」がアメリカで営業を停止。
理由は、中国にルーツのあるVCがリードしており、アメリカ企業への中国からの資本注入は難しくなっているから。

ーーーーー
成長が期待されるスタートアップが倒れる現実に、シリコンバレーでは中国資金には要注意という警戒感も広がっている。
ーーーーー

世の中お金は余っているけれど、それをスムーズに動かせない状況は悪化している。なかなかうまくいかないものですね。
Googleの内憂外患を既にその一身に受け止めているのはスンダルピチャイであり、近年のラリーペイジはあまり仕事もしなければ、株主総会すら欠席するという有様だったので、「最悪な仕事」は既に引き受け済み、CNBCの論評は的外れだと思う。
記事に出ている山火事を早くに特定して消化するというのは、かなり期待。毎年世界中で山火事の被害は大きい。

今週の自分の中でのトップニュースは、Crunchbaseの資金調達(①)。
あとは、シリコンバレーではないが、中国EVメーカーBytonへの丸紅の投資(②)。足元補助金削減でEVの状況が良いわけでもない中での投資。
https://newspicks.com/news/4440927
https://newspicks.com/news/4444123
今週気になった話題はChime。デジタル銀行に多額の投資資金が集まっています。既存銀行のビジネスモデルを破壊しようとしていることから、チャレンジャーバンクと呼ばれている。

英国のRevolutやMonzo、ドイツのN26、ブラジルのNubankはすでにユニコーンクラブ入り。欧州には40社を超えるチャレンジャーバンクが登場しています。

既存の銀行は、消費者やスモールビジネスという顧客視点がなく、サービス品質が停滞している。そこで立ち上がったのがチャレンジャーバンク。モバイル時代に対応する顧客志向のバンキングサービスの提供を主眼としています。

しかし、新規参入社のサービス内容をみると、似たり寄ったり。投資資金が集まることから、モノマネ銀行が多数発生している。収益を棚上げして、顧客獲得に走っているのはちょっと危険です。

銀行には信頼性と継続性が求められる。どこまで伸びるか、注目です。
この記事内で引用されていたニューヨークタイムズ記事内の以下のグーグル共同創業者に対するコメントが象徴的。

“They’re accidental entrepreneurs,” Mr. Greenstein said. “Given their origins, it’s not surprising. They probably still harbor a desire to be a professor with a lab.”
ラリーとセルゲイの引退によって、GoogleのCEOであるスンダルピチャイがAlphabetのCEOも兼ねることに。これでムーンショットな、研究開発型の長期の事業開発はスローダウンし、本業回帰が進むのではと。

自動運転のWaymoは四半期に約1000億の赤字を垂れ流しているが、これらムーンショットの前に優先順位が高いアジェンダが転がっている。Alibabaにも抜かれAmazonの背中が遠く見えなくなったクラウドのテコ入れなどやるべきことは多い。
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
81.6 兆円

業績