新着Pick
261Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
年収の金額は別として、営業だと自分の業界のお客を連れてこれて組織を使ってマネージメントが出来る人は年収を交渉できるので当然収入アップの確率が高い。営業でない場合は具体的なコスト削減策や効率化など、ある程度金額面でのインパクトが説明できれば年収を「受け入れる」という状態から「交渉」に持ち込める。
基本的に社会はすべて交渉で成り立っているので、どうやって交渉に持ち込むのかが大事だと思います。
これは、結論は結局5なのではないでしょうか?

1つ目は、論理的思考ができること。
2つ目が、構造的に物事を捉える視点を持っていること。
3つ目が、物事を俯瞰して見た上で問題を分析し、特定できること。
4つ目は、問題に対して仮説を立て、誰にでもわかりやすく話せること。
5つ目は、これらを実行しながら組織のマネジメントをした経験。

例えばロシア語でロシア企業と取引を始めた経験があります!!みたいな特別な能力や経験がない限り、1000万円を超える年収はマネジメント層です。
となると、5の「組織のマネジメントをした経験」が、明らかに実績と言えるものを出した人は1~4が出来る人なのだと思います。
個人プレーの実績は気合と根性でカバーできるところがありますが、マネジメントは気合と根性ではできないということですね、簡単に言うと。
常に冷静に状況を把握して臨機応変に対応する、そして、それを部下に理解してもらう必要があるわけですから、1から4が必要ということになるかと思います。
それだけの価値を社会に生み出す能力があるか
または、それだけの価値を社会からかすめとる能力があるか
のどちらか
これは、一昔前のスペックのような気がしてなりません。
つまり、これまでの「正解がある世界」でのスペックです。

オペレーションで稼げた時代には、下記のようなスペックの人材が求められますが、これからの「正解のない世界」では、下記のスペックでは時代を創っていけないと思います。

(記事中から抜粋)
1つ目は、論理的思考ができること。
2つ目が、構造的に物事を捉える視点を持っていること。
3つ目が、物事を俯瞰して見た上で問題を分析し、特定できること。
4つ目は、問題に対して仮説を立て、誰にでもわかりやすく話せること。
5つ目は、これらを実行しながら組織のマネジメントをした経験。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
頭の中が整理されていて、うまくストーリを作り、伝えることができること。かなり難しい。