新着Pick
415Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
パッション・エコノミーは、米国著名ベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツのパートナーが提唱しているトレンドです。

Uberの運転手のような、ギグ・エコノミーから、個人の情熱を活かして生計を立てる、パッション・エコノミーが未来の働き方になると彼女のブログでまとめています。
https://a16z.com/2019/10/08/passion-economy/
パッションエコノミー❗️起業や副業への障壁が低くなりますね。
教育の分野ではUdemyは知ってましたが色々と最近増えてますね。
NPアカデミアもピッカーの個性を利用して機能を提供するオープンなスペースも同時に作っても面白いかもしれませんね。(素人の考えかもしれませんが。。)
「個性ある」サービス経済とのことですねー。

「個性」という用語は何十年も前から使われており、それを「ウリ」にすることが重要だと言われてきました。

「個性的な服装」「個性的なキャラ」・・・等々、金太郎アメではなく個々の特性こそビジネスチャンスであったし、今もそうなのでしょう。

記事にも書かれているように、それを花開かせるのは大変です。
まぐれ当たりのようなケースもあります。

ただ、横並びでしか生活できない状況(かつての共産主義経済のような)よりはよほど潜在力を持っていると思います。

成功確率が1パーセントであったとしても、チャレンジできる世の中って・・・案外悪くない。
失敗した後も優しくして下さいね(^_^;)
「パッション・エコノミー」という用語は、少し理解しづらいですね。

中身を読むと「データを活用したマイクロ・カスタマイゼーション」をベースにした取り組みのようですね。

記事も、わかりやすいとは言いづらいので、別途調べてみようと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
面白い
ちょっとわかりにくい記事だな。明日朝もう一回読もう。
カドカワ株式会社(英語: KADOKAWA DWANGO CORPORATION)は、2014年10月1日に設立された日本の持株会社、出版社。ドワンゴとKADOKAWAを傘下に持つ。2015年10月1日より、KADOKAWA・DWANGOより社名を変更。 ウィキペディア
時価総額
1,426 億円

業績