新着Pick

中部空港に「飛行機遊園地」が生まれた理由

東洋経済オンライン
愛知県の中部国際空港は、2018年10月に開業した空港隣接の複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」の年間来場者数が、目標を上回る160万人超になったと発表した。中部国際空港の犬塚力社長は「大変順調に推移…
48Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中部地方は最近のインバウンド客(特に日本に来られるリピーター)は東京ではなく地方に向かい始めているのと東海地方の自動車産業とアジアの繋がりを考えると勝ち目はあるのではないでしょうか。

特に観光客には飛騨高山が人気がありますが中部空港の方が便利で、京都も羽田から行くよりかは近いので中部空港を起点として観光するメリットはあります。アジア人には少し味の濃い味噌カツ、ひつまぶしといった名古屋の名物料理も人気があるみたいです。
シアトルのボーイング工場の見学ツアーはかなりの人気。ただ組み立てラインを見て歩くだけですが、終わってデッキに立つとドリームリフターが並んでいて、「これが名古屋に行くんだな」と思わせてくれます。
 関東にいるとなかなか中部国際空港には縁がないですが、この記事、気になりました。シアトルつながりで、マイクロソフト、アマゾン、マリナーズ、スターバックスをどんどんフィーチャーしていって欲しいです。
他の空港でも、通過から滞在であったり空港への目的来客のコンテンツ作りが話題になります。ただどうしても一区画であったり部分発想なのでそこにもどかしさも感じるところです。
次は実際にシアトルまでのダイレクト便ができると良いのですが