新着Pick
609Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大きな発表来ましたね。ソフトバンクさんはこれまでも東大の近くでDEEPCORE という会社でインキュベート事業してましたが、それよりもより研究に特化し規模も大きい印象。
基礎技術研究にまで資金を出してくれるのが有難いですね。
研究開発への投資が先細ってる今の日本の流れを変えるきっかけになってほしいです。
先週はTSMCとの連携を発表。大型の提携が続々と。

知識集約型社会へのパラダイムシフトをリードするのは大学セクターである、という五神総長のビジョンが形になりつつある。

ちなみに、本日は東京大学が主催するTokyo Forumの初日です。韓国SKグループ系の財団のバックアップで世界中からゲストを集め、大々的に行われています。
https://www.tokyoforum.tc.u-tokyo.ac.jp/ja/index.html
恐らく、この会見と並行して孫正義-ジャック・マーの対談、その後会見に孫社長も合流という流れだったのではないかと。
ソフトバンクKKの話です。
AI特化、事業化前提とのこと。
世界に通じるビジネスモデルの構築ができたらいいですね。SBとしては人材とビジネスモデルの青田買いが目的でしょうね。

https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2019/20191206_02/
〝ソフトバンク✖️東大〟関連ですと、今年の6月に東大のAI研究の松尾豊教授がソフトバンクの社外取締役に就任されましたね。

この流れで日本でもどんどんアカデミアと経済界の間で「産学連携」の流れが加速していってほしいです。ひいては、「産学官連携」も。
世界に誇るAI拠点になって欲しいです。
"グループ会社全体で、10年間で200億円規模の取り組みを目指す"
大学発世界に通じるベンチャーを作り出すのは夢があります。が、GAFAへの対抗は広告、クラウド、デバイス、EC、というキャッシュの出口をどう設計するか、が重要
“ソフトバンクと東京大学は12月6日、AI研究に特化した「Beyond AI 研究所」を設立すると発表した。AIの基礎技術研究と応用研究を行い、研究成果の事業化を目指す。GAFAや中国企業の台頭を受け、日本のAI研究やビジネス活用について、競争力を強化する狙い。”
時間はかかりますが、never too late, だと思います。この流れは各大学でも追随していくことでしょう。
10年で200億円規模とのことなので単純に年間予算20億円でできることは多いと思います
とてもよい連携。AI人材の定義にもよりますが、米国、中国との人数差を考えますと、(2)研究内容の事業化やAI人材の育成 に特に期待しています。
応用研究はソフトバンクが入居する竹芝のビルで行われます。そのビルを核にポップ&テック特区を建設するCiPと連携してまいりたい。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
13.1 兆円

業績