新着Pick
107Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
社会面でのサステイナビリティの問題です。
加盟店や加盟店が属する社会に受け入れられてその一員にならないと長期的にビジネスはできないと思います。
そういう意味では本部で均一のルールを敷くことは不可能で各地域の自主性に任せるか各地域の特性に合わせたルール作りが必要でしょう。
淡路島が良い例だと思います。

海外も含めて色々なタイプのプロジェクトを経験してきましたが、各地域に「密着」するといううおりは、その土地のコミュニティの「一員」となり、泥臭い関係の中でお互いの理解を深めて一緒に繁栄していくことが(レピュテーション上の義務というよりは)、そもそもプロジェクトが存続する為に不可欠です。
一つ一つの加盟店が固有の性質を有したプロジェクトなのだと思います。

またサステイナビリティは一世代で終わるわけではなく、世代を超えて受け継がれていきます。
とあるアジアの当局に難しい許認可取得の交渉をすることになった時に、「私の父親は日系自動車メーカーに勤めていて、非常に日本人経営者によくしてもらった」という話が冒頭あり非常にフレンドリーな雰囲気で交渉が進んだこを今でも鮮明に覚えています。
ファミマは加盟店に対する本記事のようなリリースが最近は多いですが、それがFCオーナー獲得の優位性に繋がるかどうか。日販ではセブンとまだまだ差がある中、今後の流れとして気になるところです。
"具体的な内訳は〜中略〜計100億円を投じます。"
ファミマはコンビニ戦略におけるBtoBtoCの真ん中のBに注力という方針がはっきりしてきました。この結果が出るのはもう少し先。個人的にFCビジネスの本質なので正しい気がしています
株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部に上場されている大手総合商社、伊藤忠商事の子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.29 兆円

業績