新着Pick

ユーザベース、TBSと資本業務提携を実施

株式会社ユーザベース | UZABASE, Inc.
359Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
財務とビジネスの制約と、各種プロコンを色々と考慮してのストラクチャーじゃないかと、外から見て思います。制約条件のある中で、結構美しいディールに見えます。

---以下、事情を知らない人が妄想で書く背景です---
① ユーザベースは時価総額はあるけれど、キャッシュと会計上の自己資本は薄い会社。FCFは出ていないから、これ以上のDebt調達は難しい。そして、Quartzの業績はまだまだなので、ユーザベースのBSにはのれんの減損リスクが存在する。だから、先日の銀行借入れのリファイナンスだけでなく、エクイティ調達が必要
② 昨年Quartz買収時の財務戦略によると、ワラントにてもっと高い株価でエクイティを調達したかった。でも株価上昇の賭けには勝てなくて、今回株価が相対的に低いところで調達しないといけなくなった。株主へ配慮すべく、希薄化率を極小化して3%程度にとどめた
③ 株価が低いところでも、実質的なEPS(赤字だけど)の減少は少ないよというメッセージを資本市場に出したいから、シナジーなりシナジーの雰囲気があるそれなりの恰好のつくところ(= TBS)から調達することにした。公募増資にはしなかった。

ここまでが財務的な観点での調達の理由の妄想。

ただ、
④ NPのメディアやコミュニティとしての価値を維持向上させることも、財務的な観点と同じくらい重要。だから協業の中心は、ユーザベースでなく、NPでなく、さらにその下にいるNP Studio(動画)。編集部やコミュニティ空間としてのNPになるべく色が付かないように、外からそう思われないように、配慮した。慎重なストラクチャリング。
TBSとの資本業務提携を発表させていただきました。

人材交流を通じて、次世代の動画コンテンツ、ビジネスの育成に共同で取り組みます。

近年、世界ではコンテンツ大ブームが起きており、米国では今年だけで10兆円以上がコンテンツに投じられています(石油産業の投資規模と同じ:https://www.economist.com/leaders/2019/11/14/who-will-win-the-media-wars)。

日本では、メディア・コンテンツ業界にあまり元気がありませんが、これから動画コンテンツを中心に、コンテンツへの投資が一気に盛り上がるはずです(メディア業界に限らず、一般の企業でも)。

まだ新時代の「成功の方程式」は見えていないだけに、今ほどチャレンジに向いた時期はありません。

「TBS×ユーザベース」のコラボレーションによって、日本でも「コンテンツ黄金時代」を実現できるよう、好奇心とセンスを研ぎ澄ましていきたいと思います。
ついにオールドメディアと…ただNewsPicksは堀江さんを失ったみたいですね。
https://www.facebook.com/100000497816297/posts/3241372075889354?d=n&sfns=mo

たしかに、もしNewsPicksがオールドメディアから影響を受けるようになっては失望するのも無理ないです。一方、NewsPicksからオールドメディアを変えてくれると、すごく面白くなると思いますので、僕は後者に期待してます。

【追記】余談だが、イチ視聴者としてホリエワンみてても、佐々木さんはファシリor無知な市民の代弁者に徹してるからか、ふむふむ言ってるだけで議論が発展してないように見える(が、堀江さんはFB内で佐々木さん擁護してるので、少なくとも当人同士はアレでOKとの認識です)
驚きました。TBS側から見るとネット・スマホ、若者、経済を強化できる打ち手に見えますが、UZABASE側から見ると持ち分はマイノリティとはいえ特定の局の「色」をつけるようにも見える決断で、それ以上の果実を期待しているということなんでしょう。サイバーの藤田さんも(リップサービスもあるでしょうが)テレ朝の番組製作能力、特に報道はすごいといつも発言しているように、制作力ではまだまだ強みがあるということなんでしょうね。ただ、動画子会社でもNPでもなくUZABASEと、というところも何か狙いがあるのかもしれません
ユーザベース社には他社メディアの色が付いて欲しくなかったので残念です。。。

単独での生き残りに自信がなかったのか、大手の軍門に下る以上のメリットがあるのかは現時点では不明ですが、メリットが大きいと経営陣が判断したのでしょう。
ホリエワンで「ユーザベース、TBSと資本業務提携を実施」を緊急特集できるようならNewsPicksは安泰だと思います。
堀江さんに自由にしゃべってもらい、しっかりとユーザベース社のビジョンを語る。
NewsPicksは常に自由だということを大きくアピールできる絶好の機会だと思います。
どんなシナジーが生まれるかは、TBSの本気度次第です。それとコスト感覚の違い、放送で出来ることのへの期待と現実の落差、ネットサービスとIT系技術の知識のレベルの差、スピード感の圧倒的な違いなど、様々なハードルがありますが、是非それらを乗り越えて、新しい何かを生み出してほしいです。
面白がりのメンバーが集まれば、イノベーションも起こせます。どんなチームでスタートするか楽しみです。
これは驚きのニュース!シナジーの主体であるNewsPicks社ではなく、ユーザベース社への出資なのですね。比率的には3%程度なので、TBS色が強くなる、ということは無いのかな。
何はともあれ、おめでとうございます!
僕がユーザベースのCFOだったら、起こり得るクオーツの減損シナリオに備えて、財務的柔軟性は持ちたいと思うタイミング。そして、その手段としては、MSワラントやライツイシューより株価への影響度が低い資本業務提携を先ず追求すると思う。今日株価は上がってるので、純粋な市場ファイナンスよりベターだったのでは無いか。
寝入りばな、海外資本ならネットフリックス、国内の相手ならサイバーエージェント、あるいは電博・ADK、KDDIと組んだ場合などを色々考えてみました。うーむ。。。
株式会社東京放送ホールディングス(とうきょうほうそうホールディングス、英語: Tokyo Broadcasting System Holdings, Inc.、略称:TBSホールディングス、英字略称:TBSHD)は、日本の認定放送持株会社、また当社を中核とするTBSグループの統括会社である。 ウィキペディア
時価総額
2,628 億円

業績

株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア
時価総額
459 億円

業績