新着Pick
1521Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
広告はマーケティング要素や
ビジネス要素が強くなってきているが、
来年以降はクリエイティブに注目されると思います。
楽しくないコミュニケーションは何にも寄与しない。
電通デジタルのビジネスがクライアントの「広告」課題の領域から「デジタル」課題の領域へ変化しつつあることをわかりやすく解説。コンサル経験者の採用を強化していく流れは今後も続きそう。
「広告屋」から変質しようとしている電通デジタル。広告はマーケティングのたった一つの側面でしかなく、ソリューションとして統合的にマーケティングソリューションを提供する存在として電通デジタルの存在が大きくなってきています。業容も人材も急拡大中です。
世界がデジタル化していくことの本質ともいえるマーケティングの変容と、電通デジタルの挑戦を、インフォグラフィックで図解しました!
広告屋がなんちゃってコンサルティング業務をしても無理。
結局DMP≒データ分析に行き渡るので、コンサルティングファームとはケイパビリティが極めて劣るので「アクセンチュアさんお願い」になる。人間力がファームとは違う。
元DDマーケティングコンサルタントとして言えることは、広告屋でもありながらCRM/MAの導入支援をするのは、マーケティング戦略全般にも関われていろんな経験ができるのでオススメのポジションです!
分かりやすいこと、この上なし(笑)