新着Pick
442Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の宅配便の約2割を占めるようになるとの事。外部環境の変化として再配達を減らすことへもポジティブなようですし、より置き配が一般化しだす良いキッカケになりそうですね。
日本郵便は6月に置き配バッグOKIPPAを10万個無料配布(①)、Amazonは9月に岐阜で置き配を標準とする実証実験を行っていた(②)。その意味では、その両方が融合した形。
併せて、日本郵便がとるという形になって、再値下げをしてAmazonを取りに行ったヤマト(③)や、最近成長著しい丸和などのデリバリープロバイダーへの影響(④)が気になる。
https://newspicks.com/news/3999707
https://newspicks.com/news/4226021
https://newspicks.com/news/4319553
https://newspicks.com/news/4375459
ヤマト運輸は、置き配を禁止しているのでしょうか。

以前、ヤマト運輸創業者の、小倉さんの『経営学』という本を読みました。面白かったです。
そこに、配達現場に小倉社長が来たときのエピソードがありました。
ある日、片隅に荷物をみつけ、翌日になっても同じ荷物があり、翌々日になっても同じ荷物が…

小倉社長が、理由を尋ねると、「毎日、配達にいっても、(配達先が)不在なんです」という、答え。

そこに、小倉社長は、「配達した時間に配達先が不在なのが悪いんじゃない。配達先がいる在宅の時間に私たちが合わせて配達すべきなのだ。」と言って、時間指定配達サービスが生まれたというものがありました。

今も哲学があるのでしょうか。

しかし、人手不足とロボティクスの時代、だんだん、顔認証や指紋認証の置き配専用ロッカーも増加していくのかな。
置き配、数ヶ月前から利用していますが、本当に便利です。

利用者側も、再配達依頼をしなくていい、決められた時間に在宅していなくていい、などメリットしかありません。

「置き配」設定にしていると、サインも不要なので、家にいる時でもピンポンされず、玄関にポンと置いていかれるんですよね。笑 
人見知りの人や、スッピンで人前に出たくない人にとっても使いやすいかもしれません。
これはめちゃ便利。にしても、盗難リスクまで負うてすごい。
安全な日本だから成り立つんやろか。。
荷物が確実に相手に届くことにことさら慎重な日本郵便と組むことに驚きました。利用者にも配達員にもいい結果が得られますように。
最近、部屋にいるのにマンションの宅配ボックスに届く「勝手に置き配」がちらほら。それも水のケースなど重いものが突っ込まれます。小さい子どもがいる家庭としては、重いもの運べないから宅配頼んでいるのに…。

ちゃんと「希望者に対して」が守られるといいですね。
置き配の盗難が多いアカウントは、置き配を選択出来ないといった対策もされるのかな。
第三者の盗難もあれば、自演もありそうだし。
アマゾンジャパンが来年から、希望者に対してネット通販の荷物を玄関前などに置くそうです。「宅配3位の日本郵便と連携する方針を固めた」とのこと。トラブルにどこまで対応できるのか、が気になります。
米国でも成立しているので、日本なら、少し工夫すれば問題なく運用できるのではないでしょうか?
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
101 兆円

業績

日本郵便株式会社(にっぽんゆうびん、Japan Post Co., Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く、郵便事業の運営と郵便局の運営を行う日本の会社である。総務省所管の特殊会社で、日本郵政株式会社の100%子会社。愛称は「日本郵便」(英語表記の愛称は、旧郵便事業と同一のJP POST)を使用する。 ウィキペディア