新着Pick

国語・数学の記述式も延期検討、理解得られないと判断…共通テスト

読売新聞
来年度から始まる大学入学共通テストで導入予定の国語と数学の記述式問題について、政府・与党が実施を延期する方向で検討していることが、複数の関係者の話でわかった。実施には受験生や関係者の理解が得られないと判断した。公明党が
262Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これを機に、共通テストの存在意義について議論が巻き起こってほしいです。

何のために共通テストやセンター試験があるのか?

一定点数を取ることが大学入学の最低条件というのであれば、大学のレベル確保のための存在意義があるでしょう。
しかし、共通テストを受験しなくても大学生になる受験生の方が多い。

大学独自の試験では受験生の適正を測ることができないというのなら、独自試験を工夫すればいい。
私立大学の多くはいくつもの学部の試験を受験できるので、学部ごとに工夫した問題を出題できます。

私は存在意義を見いだせませんが、弊害なら指摘できます。

昭和の時代ならともかく、個性のある尖った人材が必要とされる今の時代に、金太郎飴のような全国一律の試験を課するのは百害あって一利なしです。

数学だけ、物理だけ、古典だけ…というように、一課目だけ秀でた受験生を入学させたほうが、尖った学生を集めることができます。

各大学も、建学の精神や育てたい人材を斟酌して、独自問題で選抜した方が、教育効果を高めることができます。

問題作成や採点で各大学の教師たちが楽をするために共通テストに乗っかっるようでは、まったくの本末転倒です。
受験生がかわいそう…
文部科学省は時代の日本を支える人材教育に自分たちが絶大な責任をもっていることを忘れないでもらいたいなぁ…
政府が大学入試の共通テストをコントロールするのはもうやめた方が良いのではないでしょうか?各大学を信頼して、それぞれが骨太な受験指針を決めればスピード感を持ちながらも、直前に変更するということがないテストが実施できると思います。

ギリギリで変更すると、受験生やその家族を振り回して、結果どう転んでも「ギリギリに帰られたから」と責める人達が大量に発生して、不信感が増幅するだけかと懸念します。

この段階での発表は、「受験生や関係者の理解が得られないと判断した」って言い訳にならないと思います。オリンピックで直前にルールを変えられて勝てなくなる選手の気持ちと同じですよね。
当初は入試改革の大きな論点でなかった記述式がなぜ主要論点にすり替わったのか。その過程について2016年3月の記事のコメントで書きました。

「大学入試「新テスト」は練り直しが必要だ」2016年3月27日
https://newspicks.com/news/1467052?ref=user_649627

その時に「この議論過程はしっかりと刻んでおきたい。10年後、この施策が正しかったのか、議論過程含めて洗い直すときが来るだろう。」と書いたことが10年経たずにやってくる結果に。

上記記事でも指摘されているように、警鐘は何度も鳴らされていた。それでも止まらなかったことが結果として高校生を巻き込む形となっている。止まったから良いではなく、なぜここまで来てしまったのか、しっかりと経緯の洗い直しをしていただきたいです。

追記:
なお、この転換点については、以下の記事が分かりやすいです。
「大学入試新テスト、記述式導入を優先」2016年1月30日
https://newspicks.com/news/1374558?ref=user_649627
京大の山極先生、東大の南風原先生の以下のコメントからも、このタイミングがターニングポイントであったことを表しています。

「複数回実施の見送りについて、同会議委員の山極寿一京都大学長は「当初の趣旨と違う。多様な能力を把握するなら何度も受験機会を設けるのが正しい」と批判。南風原朝和東京大副学長も「記述式導入ありきで議論が進んでいるが、何十万人の受験生に文章表現させてもきちんと評価できるのか」などとの指摘が相次いだ。」
記述式問題の採点は公平性を保つのが難しい、、不公平が発生する、、、という観点で受験生・関係者の理解を得られないという話でしょう。

米国でも統一テストの意味が疑われていると聞きますが、背景になるのは、選択式問題を解く能力の多寡のみではその人物が現代社会において優秀かどうかが測れないだろうという意識の醸成でしょう。

受験生は振り回されて可愛そうですが、頑張ってください!
教育は国家の根幹です。
とはいえ、「義務教育ではない」大学入試に対して、どこまで国が関わるのかという問題があります。

また、もう一点、大学入試の改革ぐらいできずして、憲法改正ができるとはとても思えません。

正直、とても残念です。

既得権の抵抗に負けたということどすね。
先日出ていた下記記事で記述式の問題の設定と採点は相当難しいなと思っていたので、納得できます。
これは学生さんは本当に気の毒だし、採点するスタッフの方の負担が重すぎると思います。
【まるで誘導…記述式問題「自由な思考」に逆行するガチガチ解答条件に中止を求める声】
https://newspicks.com/news/4425697

ご参考
【記述問題採点のベネッセ関連会社「3人採点でミス防止」】
https://newspicks.com/news/4378383
テストについては、一定の足切りをするためのものなので、高校の学問の範囲を反映していて、点数で差をつけられるなら、どういう形でも良いと思います。

ですが、大学でしっかりと勉強してもらいたいです。
大学・大学院できちんと勉強しない学生が大量に排出されている現状は、将来的に日本を衰退させるので、入学よりも卒業を厳しくして欲しいです。
このままでは実施に理解が得られないという感触は、この間の国会などの議論で指摘が相次いでいたため、早い段階で得られていたはず。受験生の準備を思うと、もっとすみやかに意思決定できなかったものかとも思います。正式なアナウンスはまだですので、どのような説明をするのか、注視したいと思います。
英語民間試験に続き、国語、数学の記述式も延期を検討するとのこと。これで大学入試改革は2本柱を失うことになる。