新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
下記は2年前の情報通信白書だが、いくつか象徴的なグラフが出ているのでご紹介。
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r01/html/nd112210.html

①日本と米国のICT投資の伸び率・絶対額の違い(図表1-2-2-1/2)
90年代前半は、米国も日本も同程度(15兆円前後)。国の規模を考えると、一人あたりでは日本の投資額は極めて大きかった。
でもその後、米国は伸びたのに対して、日本はソフトこそ伸びているもののハード投資は伸びておらず、ソフトについても2.5倍ほどに対して、米国は約7倍。

②ソフトウェア投資の受託開発による不効率(図表1-2-2-4/5)
日本は受託が9割、パッケージが1割。米国は受託3割、パッケージ3割、自社4割。SAPやSalesforceがイメージしやすいが、こういうパッケージを使うと、各社でそれを開発するより、費用を共通費化できる。また共通にするためにユースケース・ベストプラクティスの集約ができ、業務プロセスの効率化が進む。
それで出来ないことやインテグレーションを自社・受託でやる。各社の業務が違う中で、個別最適にしたほうが効率的なところだけそうする。それも受託は、開発人員の変動費化にはなるが、業務や組織文化の理解では自社開発のほうが効率が高いと思う。