新着Pick
18Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シェアリングエコノミーは3パターンあると思う.
① 所有せずに必要な時に公共財を利用する.
② 自分が所有していたものを再配布する.中古.リユース.
③ ある目的のために自らの能力,リソースを他者に提供する.
日本でも,もうテレビドラマの世界かもしれないが,家の醤油が切れたらお隣さんから借りるとか,公共浴場,銭湯とか,古くからあったのですが,時代とともに廃れてしまいました.おそらく,日本人の潔癖主義,「人に迷惑かけるな」という親からの教え,経済発展による豊かさは独占的な所有にあるという過去の成功体験などに原因があるのかもしれません.
しかしながら,デフレ経済に加え,テクノロジーの進歩で物があふれ,価格が下がり,物を手軽に手に入ることができるようになった昨今,物欲は減少し,物を所有するのではなく,誰かと物やサービスをシェアしたほうが効率的だと思うようになりつつあります.つまり, 消費意識,ライフスタイルが変化して,物欲から経験を重視するようになりつつあります.
また,テクノロジーは進歩し,インターネットを通じて見知らぬ人,遠くの人とのマッチングが容易になりました.ネットを通じた新たな仲介ビジネスが生まれています.残念ながらこれらのビジネスは消えてなくなるでしょう.中抜きが起こります.将来は人が関わる仲介はなくなり,AI的な仲介によってP2Pで直接,繋がるはずです.
シェアリングエコノミーは,自由主義のなか生まれた個人間の経済的な格差を埋め,さらに個人の自由・幸福と,社会主義的な集団の利益を同時に最大化することができる新しい社会を作ることになるでしょう.