新着Pick
976Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
信頼できる後継者が存在しているから経営陣から退任できたのだというファクトは見逃せません。グーグルの共同創業者の1人である前CEOのラリー・ペイジは、現グーグルCEOのスンダー・ピチャイに全幅の信頼を寄せているといいます。ピチャイについて知ることが、今のグーグルの「将」を読み解くことにつながります。ピチャイはグーグルに2004年に入社しています。その活躍は目覚ましく、若くしてグーグル・クロームやアンドロイド、クロームOSといった主要事業を統括。グーグルが自社製ブラウザを開発するというアイデア自体、彼のものだといいます。そして「ビジネスも技術もわかる」人材として、社内外から高く評価されるようになりました。ピチャイは、そのキャラクターがほかのメガテック企業の経営者とはずいぶん傾向が異なります。非常にフレンドリーな人物として知られ、「人との争いを好まず、協調を旨とする」「チームのメンバーに対しても思いやりのある言葉をかけ、支援する労を惜しまない」といわれます。要するに、ピチャイは非常に有能であるばかりか、人に愛されるキャラクターなのです。もっとも、記事にもあった通り、最近ではそれだけでは済まずに統制を強めている側面も出てきています。

本日22時からのNewsPicks×中田敦彦企業エンターテインメントNEXTでは、グーグルの戦略・人・未来について詳解されます。【中田敦彦】激論。ピチャイ新体制のグーグルが見据える未来 #NewsPicks https://newspicks.com/live-movie/475/?utm_source=newspicks&utm_medium=urlshare&utm_campaign=np_urlshare&invoker=np_urlshare_uid3247901
元々ビジネス構築よりサイエンス・エンジニアリングに関心の強い両創業者は、経営に近年ほぼ関与していなかった。だから退任を受けても親会社アルファベットの株価は昨日2%近く上げている。2人が保有する莫大な富を、どのような科学プロジェクトに投じていくのかに、個人的にとても興味がある
社会に影響力のある人には、大きく2つのタイプがいます。"世界を変えること"に激しく情熱を燃やす人と、"社会をスムースに回すこと"を上手にできる人。どちらも大事。多くの起業家経営者は明らかに前者のタイプで、以下のようなことへ向き合うことに時間を割くのは社会的な損失だと思います。「二人とも、お疲れさまでした。」ですね。

-----
彼らは今後、独禁法の調査、従業員のストライキ、影響力の増大に伴う世論の反発といった、数々の試練に立ち向かっていかなくてはならない。
-----
すでにほとんど消えていたのですが、なぜ「今」、あえてこういう発表をしたのか、という点については、セクハラ社内調査の結果がそろそろ出るはずというタイミングであり、続出するセクハラ問題に関して従業員の不満がとても高まっている点が指摘されています。→https://stratechery.com/2019/larry-page-and-sergey-brin-step-down-why-now-google-going-forward/

日本ではあまり報じられていないようですが、政府からのFBとGGL/Alphabetに対するプレッシャーが高まっている点も、両者が関心を失っていることの一因でもあると思われます。
タイトルから想起するよりも良い記事だった。
なぜ去るか、など本人たちのみぞ知る話であり勘ぐるだけ下衆というものだろう。
ただしなぜ去ることが「出来た」のか、についてはひとえにスンダルピチャイという経営者の存在の賜物であり、彼への禅譲が過去4年をかけて上手く行ったからだろう。
それを考えるにけだし、Alphabetという発明は果たして正解だったか否か、を問うなら、yes and noだと思う。
本尊の邪魔をせずに創業者達が一定の無邪気さを保ちつつ新規事業等に取り組むには悪くない仕組みだったのかもしれないし、何よりスンダルピチャイがメガカンパニーのベリートップとして独り立ちするに十分なランウェイを与えた功績だけ持ってしても成功といえるだろう。が、本質的、戦略的に意味があったかと言えば、何もなかっただろうと思う。やらないだろうが再編してGoogle一社に戻したほうがコスト的にも資本市場からのわかり易さからも良いと思う。

ところで個人的にはジョブズやゲイツの引退に比して、ほぼ全くと言ってよいほど喪失感を感じないのは、そもそも彼らが近年ほとんど経営にタッチしてこなかった証左ではなかろうか。ともかくもお疲れさまでした。
賢い選択だと思います。

起業家には元々「好奇心」「新事業」「革新」「成長」「攻め」と言った言葉が似合う。

一方で、巨大化し世界的影響力を情報インフラに持つGoogleには社会的/政治的な課題が山積み。
自ずから自社と社会のバランスで、「守り」「維持」と言った内向きの作業が要求される。
また、何をやっても「あのGoogleが」と言われる。

その意味では、2人もそろそろ潮時と考えたのでしょう。

「オレたち世界で6、7番目の金持ちになって生活も心配ないし、
これからもアルファベットからは役員報酬が出るし、株の配当もある。
そろそろお互いに今関心のある新規プロジェクトをやる方が楽しいよな。
守りの経営なんで面白くないし、やった事ないし。。」

と、2人が話したかは不明ですが、大体こんなところではないですか?
同い年の彼ら。そらあんだけ長くやってたら普通飽きるわな。
「毎日のように腕の中で子どもをあやす代わりに、愛情とアドバイスを与える存在でありたい」
これは成功した企業の創業者や「功労者」と呼ばれる立場の人間が、自らの行動を律する際に、常に胸に秘めておくべき大切な言葉だと思う。
創業経営者の身の引き方として、ありそうでなかなかないパターン。
若いうちに創業企業が大きくなり、若いうち(二人は46歳)の引き継ぎだから、引き継ぐ相手も若い(47歳)。
若さはすべてではないけれど、日進月歩のテクノロジーカンパニーでは、それもひとつの重要な要素。
後継者を決めるにも多くの選択肢を検討することができたはず。
そういう決断ができるほどにまで、グーグルが大きなものになったという見方もあるでしょう。
しぱしば言われることですが、企業のフェーズによって経営者に求められるものが違うということなのかなと感じました。0を1にするフェーズ、1を100にするフェーズ、100を守りつつ200にするフェーズなど。

とはいえ創業経営者というのは特別すぎる存在。
今後、どう影響してくるのか、全く影響しないのかはそとの人間には分かりませんが、とうなるのか少し楽しみです。

これまでGoogle という会社で沢山のイノヴェイションを起こしていただいて、ありがとうございました! おかげで私の生活、社会はとても豊かになりました。
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
83.2 兆円

業績