新着Pick
382Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もっと時間的にも空間的にも高解像度に情報を得られるのですが、プライバシーに配慮して
・500m四方の
・1時間前の人口分布を
・10分ごとに
提供。プライバシーに配慮することはとても重要なのでわかりますが、ニーズに合っているのかは再考の余地ありですね。
「観光地などの人口増減から渋滞発生を予測し、スマートフォンアプリなどを通じてドライバーに渋滞予知情報を提供することが可能という」。大企業のデータを中小企業に開放して、より効率的なビジネスを展開できるようにするいい例だと思います。ロケーション情報は今後ますます重要になり、広い領域で活用できるようになるはず。500m平米メッシュから、100mメッシュになるとだいぶ使える用途が変わってくると思いますが、それでも10分ごとというのは大きな一歩ですね
ドコモさんがガラケー時代から取り組んでいるモバイル空間統計を使ったものですね。過去にはサイゼリヤの売上予測やタクシー、シェアサイクルの需要予測の実験にも使われています。
https://newspicks.com/news/3472966/
https://newspicks.com/news/3451786/
https://newspicks.com/news/2961373/

サイゼリヤの実証実験を見てもわかる通り、過去の自店舗の売上データ等を突き合わせないと、自動での高精度な予測までは難しいのではないかと。また、タクシーの場合は周辺地域のイベントや天候などの情報も重要です。

なので、自動で高精度な予測をしたい場合は追加で必要なデータセットは各社で揃えるか、または参考情報として参照し人力で予測する、という使い方かと思います。
以前は取れなかった情報が取れるようになったことは大きな進化。今はその情報があっても使いにくい状態かもしれないが、情報があることでどう使えるだろうという仮説検証がしやすくなるし、使えるようになればビジネスとして販売余地もある。
目指している未来が、いま完全に実現できているわけではなかったとしても、実現するためにこうやって公開されていくことは大きな一歩だと思う。
ちなみにお値段は月10~60万とか、買い切り100万とか。API方式になっていくと面白いのだが、オンライン専用かCSVのみ。
https://mobaku.jp/price/jpn/
企業が自ら持つ情報を開示する傾向は良いと思います。
災害時にトヨタから提供される通行できる道路情報がどれほど役に立ったものか。

日本では情報開示が少ないため、ビッグデータの取組が遅れていると言われています。個人情報保護法を守った上での情報開示が今後促進されることを期待します。
ドコモのモバイル空間統計の進化版でしょうか。凄いデータなのでもっと活用されてもいいはずなんですがあまり積極的に広げようとしてこなかった。位置情報はcookieよりも圧倒的に凄いということが分かってもらえるデータです
「1時間前」の情報より「1時間後」の情報の方が、はるかに価値があると思います。

精度は、それほどなくても、将来の情報の方がうれしいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
せめて1分毎をドコモユーザーから推計して欲しいですね。
わかることはたくさんあるが、どう活用するのか、収益に繋げるのかはいつも本当に難しい
株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社 (NTT) の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
9.8 兆円

業績